薬剤師の本音,本当の健康,薬とサプリ,

薬剤師の本音:本当の健康

パーキンソン氏病とは?症状の予防や改善のコツ

 

言わずと知れたパーキンソン病。

あんたは無縁だと思っていませんか?

実はパーキンソン病は日本人だと約1000人に1人という割合で発症しているといわれています。

日常生活にも様々な影響を及ぼすパーキンソン病はぜひとも今のうちから予防しておきたいものです。

すでに、パーキンソン病に苦しめられている方はとにかくトレーニングを重ねる必要があります。

今回は、そんなパーキンソン病についてご紹介していきます。

ーパーキンソン病とはー

パーキンソン病とは40代後半〜60代にかけて発症率が高く、ドーパミンの減少によって引き起こされる様々な諸症状が発生するものです。

主な症状は以下のようなものです。

1.振戦

何もしていない状態で手足が振るえます。

常に規則的に震えるようになるのです。

2.固縮

手足の動きが鈍くなります。

筋肉のこわばりにより動きが悪くなり、日常生活に多大な支障を与えます。

3.無動

動作全般が遅くなります。

瞬きをしたり、普段何気なくする動作も遅くなったり、回数が減ったりします。

4.姿勢反射障害

姿勢を維持するための反射機能が鈍くなります。

人は、一方から押されるとそれの反対に反射的に力を加えて姿勢を維持しようとします。

しかし、パーキンソン病の患者は押されると反射が鈍っているためそのまま倒れてしまいます。

体全体のバランスが悪くなります。

ー予防するには?ー

パーキンソン病になると、病院へ行き手術等をすることで改善が見込まれます。

しかし、高齢になるにつれて回復が難しくなっていきます。

基本的には、予防が第一のものだと考えましょう。

予防に効果的なのは日常的な運動です。

毎日軽いジョギングをしたり、週末にスポーツをするなど何でも構いません。

ジムに行って軽く汗を流すだけでも予防になります。

とにかく、日常的に体を使うことが大切です。

普段体をあまり動かさないという方は特に注意が必要です。

体が動かなくなるのを防ぐためにも定期的に運動を取り入れましょう。

ーまとめー

パーキンソン病は治すよりも予防するものと考えた方が良いでしょう。

基本的には、運動をすることが第一です。

過度な運動はよろしくありませんが、適度な運動をしなければ体が動かなくなってしまします。

運動の他にも、食生活に気を付けることも重要です。

栄養をしっかり取り入れ体の正常な活動を維持するように心がけましょう。

普段動くことが少ないという方は、今すぐにでも運動の計画を立ててみてはいかがでしょうか。

◆どんな病気も予防が一番大事ですね。

そこで自宅で簡単にできる遺伝子検査のマイコードを使って未来を予測するといいと思いました。

マイコードなら、将来、自分がどんな病気になりやすいのか?どんな体質なのか?何に注意すれば未然に防げて長生きできるのか?
などが詳しくわかります。
遺伝子検査サービスMYCODE(マイコード)の口コミと評価

口コミでも人気の遺伝子検査サービスMYCODE(マイコード)は、一生に1度だけの簡単な検査(唾液をとって送るだけ)でいろんなことがわかって、注意したいことなども、個別に指導してくれるからです。
公式サイト↓
女性向け遺伝子検査キット

 

タグ : 

マイコード 病気

この記事に関連する記事一覧