ゆうこ先生ゆうこ先生

二日酔いサプリとしても人気のレバリズム-Lで脂肪肝も脱出するんでしょうか?

全成分や口コミから効果をチェックしてみました。

効くの?

健康診断などで脂肪肝と言われたら、早めに対策をしましょう。

文字通り肝臓に脂肪が溜まっているのが脂肪肝です。

それ自体は何も感じなくても、肝硬変など肝臓の機能に影響したり、動脈硬化などに陥る可能性もあるんです。

また糖尿の方は、脂肪肝のせいでより悪くなる、なんてことも。

見た目が太っていない人でもそれは同じなので、体全体が蓄えている脂肪は多くないしいいや、ではなく、しっかりケアすることが大切です。

確実なのは病院で詳しくチェックし、普段の生活態度をしっかりアドバイスしてもらうこと。

ただ病院にも診療時間がありますし、近所に専門科がなく、移動に時間がかかることもありますよね。

もし忙しくてそんな暇がないという方は、自身での対策も行いましょう。

特に良いと評判なのが、サプリのレバリズム-Lです。
詳しくは→レバリズム

なぜサプリのレバリズム-Lで脂肪肝対策ができるのか、その秘密を探ってみました。

肝宝たっぷりのレバリズム-L

レバリズム-L

レバリズム-Lは肝臓に役立つ素材が詰まったサプリ。

肝臓に必要なもの、肝宝(漢方との語呂合わせ?)を集めて凝縮しているのが特徴です。

しじみサプリとも言えますし牡蠣も含むので牡蠣サプリとも言えそうなのがレバリズム-Lです。

レバリズム-L利用者の口コミや評価

口コミ

現在レバリズム-Lでケアしている方々の感想も見てみました。

成分の量や豊富さもあって、毎日イキイキとした生活ができる。

・以前は仕事や家事などを始めるのが億劫になっていたが、今では率先してどんどんやりたくなるほど。

・仕事の関係上、不規則にならざるを得なかったが、毎朝すっきり起きられるので気に入っている。

・食事が偏ったり、食欲がわかなかったりと乱れがちだったのに、飲み始めてから若い頃のようにたくさん食べられるようになった。

・寒い冬でも動きたくなるせいか、以前より体が温まりやすいように感じる。

公式サイトより引用
【著作権上の問題により、口コミは意味を変えず書き直しさせて頂いています】

口コミを見ると、レバリズム-Lは肝臓だけというよりも、全身のスッキリさを助けてくれるサプリという印象を得ます。

朝の目覚めや、仕事始めのだるさ、季節の変わり目など、元気がなくなりがちなタイミングで力を発揮してくれるんですね。

ただ肝臓には、食べ物の消化・分解やエネルギーの代謝に供給、さらには毒素などの排出と元気さに欠かせない機能がたくさんあります。

体が動きやすくなる、スッキリできるということは、つまり肝臓がきちんと活動してくれているということ。

そう考えると、レバリズム-Lはやはり肝臓にぴったりのサプリと言えます。
レバリズム-Lの口コミ効果やコスパを評価!肝臓の値が気になる人に人気は本当?

レバリズム-Lの全成分をチェック

成分

レバリズム-Lに含まれているのは、主に牡蠣エキスとシジミエキス、そしてスクワレンです。

牡蠣は岡山、シジミは静岡、そしてスクワレンのもとである肝油を持つアイザメは千葉と、いずれも国内産にこだわっています。

牡蠣は栄養豊富な食材ですが、特に亜鉛を多く含んでおり、活力の源に。

亜鉛は普段の食事でも摂取しにくく、不足している人が多いので、レバリズム-Lはその補給用としてもぴったりです。

シジミはアミノ酸がたっぷり。

特にオルニチンと、9種類の必須アミノ酸全てを含んでいるのがしじみの特徴です。

オルニチンは必要な場所にそのままの形で、タンパク質に変化することなく力を発揮してくれます。

ゆえにエネルギー源として、動きやすさをサポート。

ビタミンやミネラルも豊富で、牡蠣同様、栄養バランスの調整にも役立ちます。

そしてレバリズム-Lのスクワレンは美容成分として知られていますが、年齢と共に減少するため、外からの補給は必須。

血液サラサラなど、体内の巡りを助けてくれます。

上記3つ以外にも、美しさサポートができるシスチンや体の生成に欠かせないビタミンB2、また抗酸化などができ、若さ維持にも役立つビタミンEを配合。

レバリズム-Lは、肝臓だけにしか効果がない成分というわけではなく、全身のケアに配慮した構成になっています。

レバリズム-Lで脂肪肝対策は可能?

成分によって体、ひいては肝臓を元気にすることができれば、脂肪肝対策にもなります。

というのも、牡蠣に含まれるタウリンには、脂肪肝ケアや、肝臓の細胞を再生させる効果があるからです

肝臓はそれなりに強い臓器なのですが、脂肪肝になってしまう方はある程度弱っていると見て良いです。

そのため肝臓自身の再生力だけでなく、タウリンでも助けることにより、本来の働きが取り戻しやすくなります。

本来の役目の1つが、脂肪をエネルギーへと変える機能。

機能がしっかり働けば、レバリズム-Lの成分と併せて、より脂肪肝対策ができるんです。

しかし注意したいのが、レバリズム-Lを含む肝臓ケア製品に頼りきりは厳禁であること。

脂肪肝は肝臓の動きが鈍ることで起こりやすくなりますが、鈍らせている原因は偏った食事や不規則な生活態度です。

好きなように生活することでストレスを溜めないことは大事ですが、糖やカロリーが多い食品ばかりを暴飲暴食しつづけていては、肝臓の働きが弱まり、結局脂肪肝になるリスクを高めてしまいます。

大食漢の方やお酒好き、炭水化物やお菓子好きの方などは、まずそれらを減らすようにしましょう。

年末年始はイベントごとも多く、断れない機会も多々あると思います。

ゆえにいきなり全てを断つと人間関係にも影響が出かねませんし、自身のストレスにも影響するのが厄介。

なので、例えば毎日ジョッキでビールを5杯飲んでしまうなら今日は4杯など、徐々に減らしていくのがおすすめです。

お酒が苦手な方のケアアイテムにもなる

ちなみにレバリズム-Lに含まれるオルニチンは、二日酔いのケア成分としても知られています。

オルニチンが直接二日酔い、その原因となるアセトアルデヒドを無くすわけではありません。

アルコールの分解や代謝をサポートすることで、頭痛などを起こりにくくしたり、緩和してくれるという仕組み。

ゆえにお酒大好きな方はもちろん、苦手だけど付き合いで仕方なく飲まなくてはいけない、そんな方にもレバリズム-Lはおすすめです。
詳しくは→レバリズム

レバリズム-Lに副作用や相互作用の可能性は?

レバリズム-Lは特に化学系の素材を含んでいるわけでもなく、天然成分や、人の体にもともと含んでいる成分が中心。

そのため、口コミなどでもレバリズム-Lで副作用は確認されませんでした。

製造においても、130項目の品質チェックや製造工程及び完成後の検査も徹底しているため、不純物などが混ざる心配もありません。

ただその分、食品アレルギーを持っている方は注意。

牡蠣、シジミ、アイザメはもちろん、ほかの素材、成分などを念のため確認してから始めましょう。

自分のアレルギーがどの成分に当てはまるのか分からない場合は、かかりつけ医への相談も忘れずに。

レバリズム-Lの全成分(原材料)はこちらです
L-シスチン 80mg、ビタミンB 0.8mg、ビタミンE 8.0mg、牡蠣エキス末 10mg、シジミエキス末 10mg、スクワレン 10mg、サフラワー油 151.2mg、ミツロウ 18.0mg、グリセリン脂肪酸エステル 12.0mg

公式サイトより引用

またレバリズム-Lは、お子さんから高齢の方まで、さらに妊娠中の方でも飲むことができます。

当てはまる方が飲む際は安全面に配慮して、水を多めに含むのがおすすめです。

ただ利用前に不安があるようなら、こちらもかかりつけ医に相談しましょう。

そしてレバリズム-Lは食品ですが、病気治療などの目的で薬を処方されている方は、成分との相性も確認してください。

特に個々の症状に対して作られる処方箋は、市販薬にもない成分が入っていることもあり、メーカー側でチェックしにくいこともあります。

こちらもかかりつけ医や薬剤師などに相談し、問題がないことを確認してから始めてください。

レバリズム-Lを飲むタイミング

レバリズム-Lはサプリなので、まずは自分が忘れないタイミングで続けてみましょう。

薬のように、時間帯や食事の前後などといった決まりはありません。

ちなみに既にレバリズム-Lを利用している方々の中では、就寝前に飲むことを徹底しているとの意見が目立ちました。

夕飯はカロリーが高いメニューが出やすく、お酒を飲むのも基本は夜なので、直後にレバリズム-Lを飲んですぐに対策するのが狙いなのかもしれません。

枕元にレバリズム-Lのパッケージと水を用意しておけば、飲み忘れも防ぎやすいです。

またレバリズム-L1日分の目安は3粒なので、毎食後に1粒ずつのような飲み方も可能。

最も気になる食事に対して3粒全部飲むか、威力は1粒分でも飲み分けて効果を長く発揮し続けてもらうか、どちらが自分にとって望ましいかも考えてみましょう。

ただ空腹時にレバリズム-Lを飲むのはできれば避けたいところです。

レバリズム-Lの成分を吸収しやすい反面、胃腸への負担が考えられるため。

お酒対策の方でも、飲む前にはおつまみなど、軽くお腹に入れておきましょう。

食事の偏りやバランスのために飲んでいるのなら、食べなかった日は無理に飲まず、翌日の朝食後に回すのもありです。

飲み続けないと不安な場合はスープなど、お腹に優しい食品で空腹に対処してからレバリズム-Lを飲んでも良いでしょう。

完全な液体よりはお粥や卵スープなど、固形の素材が含まれているものがおすすめです。

レバリズム-Lはどこで購入可能?

レバリズム-Lの購入は、近所の店舗で気軽にとはいきません。

というのもレバリズム-Lは通販限定で販売されているため、サプリを売っていそうなドラッグストアや薬局では取り扱いがないんです。

一方通販においては、インターネットでいくつかのサイトが在庫有り。

代表的なのは楽天市場です。

以前はAmazonにもあったようで、Google検索などで表示されるものの、現在は商品ページ自体が無くなっています。

楽天の場合はさらにサイト内でもレバリズム-Lを扱っているお店が多いですが、価格を見ると定価未満で提供されているところもあり、お得感が少しはあります。

コスパも抑えたいなら公式サイトで定期購入を

ネット購入

しかし価格を重視してレバリズム-Lを購入するなら、楽天よりも公式サイトの定期購入、数値撲滅モニターコースの利用がおすすめです。

特に2ヶ月ごとに2箱お届けコースは、初回(最初のみ1ヶ月分)1が送料無料で価格も定価の約84%引き。

2回目以降は2箱ずつのペースでやはり送料無料。
価格はやや高くなるものの、定価のおよそ34%引きで解約するまで変わりません。
かなりコスパがよくお得なのがレバリズム-Lの公式サイトですね。
詳しくは公式サイト→レバリズム

楽天市場の割引はそこまで高くありませんし、定期ではない分、逐一注文を繰り返す必要があります。

ちなみに1回目は容量が少ない関係で、ポスト投函での配達になるため、不在がちでもOK。

宅配業者さんへの時間や受取場所指定は、2回目以降で構いません。

注文直後であれば、メーカーに直接時間指定を頼むこともできますよ。

レバリズム-Lは1ヶ月ごとに1箱のコースもあり、そちらはずっとポスト投函も可能ですが、送料が発生する点に注意してください。

割引率は初回、2回目以降共に2箱コースと同じです。

また定期購入ではありますが、気に入らなかったら1回での解約もOK。

ただし次回発送日の10日前までにはその旨を伝えなくてはいけません。

手段は電話に限られているので、早めに連絡しましょう。

一方レバリズム-Lは、返金保証などの特典はありません。

返品は可能ですが、条件が到着時の欠品・破損のみとしています。

また破損の理由が購入者による場合は、交換時の送料などは購入者負担です(不良品であればメーカー側負担)。

ギリギリの連絡や、商品到着後に伝える場合はデメリットしかないので、くれぐれも解約の連絡は忘れずに。

レバリズム-Lで脂肪肝も脱出?まとめ

まとめ

レバリズム-Lは牡蠣やシジミ、スクワレンによって肝臓はもちろん、体の元気に役立つサプリです。

素材は国産、製造も国内工場で厳しいチェックを行っているため、アレルギーの方を除いてどんな方でも飲むことができます。

アミノ酸が豊富など、成分のバランスも良いので、お子さんや高齢者の方の栄養補給目的にもレバリズム-Lはおすすめです。

脂肪肝に対しては、牡蠣が持つタウリンや、肝臓そのものの元気を取り戻して脂肪分解の力を発揮してもらえば、ケアができます。

ただし食事の見直しなど、レバリズム-Lだけに頼らないケアを少しでも良いから行うこと。

安心してより一層肝臓に負担をかけていては、いくらレバリズム-Lに良い成分が入っていると言っても焼け石に水状態です。

レバリズム-Lの購入は通販限定ですが、公式サイトの定期購入ならいつでも解約でき、それでいて割引価格が適用されているのが魅力。

脂肪肝は気になるけど、できれば費用は抑えたい方にも使いやすいです。

レバリズム-Lで肝臓の元気を取り戻し、脂肪肝からも脱してエネルギッシュな毎日を過ごしましょう。
詳しくはお得な公式サイト→レバリズム
レバリズム-L