AKBマラソン部も「マイコード遺伝子検査」で長生き度チェック!

最近よく耳にするようになったマイコード遺伝子検査。

これは、簡単な唾液採取だけで自分の遺伝子の傾向を知ることができ、長生き度をチェックできるサービスです。

ネットで申し込むと遺伝子検査キットが送られてきますので、自分の唾液を採取して返送するだけOkです。

こんな簡単な作業だけで、約75万箇所を解析して厳選された約280項目の発見が可能なんですよ。

このマイコード遺伝子検査が注目されるようになったのは、遺伝子の解析によって自分のかかりやすい病気がわかりますので、前もってに色々と対策を立てられるからです。

生活習慣病やガン、アルツハイマー病、デング熱重症化のリスクまでわかってしまいますので、今までの生活習慣や食生活の見直しを効率的にできるのがメリットです。

かかりやすい病気などがわかってしまうのは怖いという部分もありますが、「家族のために健康でいたい」、「病気のつらさを知っているので二度と味わなくていいように効率的に予防したい」といった方たちのように、前向きに考えてサービスを利用する人が増えてきています。

マイコード(MYCODE)では将来の病気予測に加えて体質などもわかり、マイコードの「体質」区分と照らし合わせれば何歳くらいまで生きられるのかがわかります。

つまり「長生き度」もチェックできるというわけです。

有名人では、このマイコード遺伝子検査にAKB48マラソン部もチャレンジし、小嶋菜月さんも検査したようですね。

ただ、検査結果にショックを受けるものもあるというのも事実。

治療法が確立されていないような病気の項目にチェックがついていたら、かなり動揺してしまうものです。

ですから、アルツハイマー病やパーキンソン病などのような結果によっては心理的負担が大きいという病気に関しては、すぐにわかるという形にはせず、3段階もの確認作業を経てようやく結果が見られるという仕掛けになっています。

知りたくなければ見なくても大丈夫です。

また、万が一知りたくない結果があったとしても、マイコードは結果を知らせるだけではなく、その人の傾向からおすすめ料理やレシピなどを見ることができるようになっています。

効率的な対策を提案してくれますので、想像以上に前向きに健康を考えていける内容となっていますよ。

リスクの確率の意味の説明、根拠となる学術研究論文の明示、食事などのアドバイスまで、かなり充実した内容と手厚いフォローが用意されていますので、それを参考に健康に前向きになれるんです。

病院でもこのような遺伝子検査を行ってくれますが、この検査は自由診療にあたるのでとても高額です。

たとえば、ガン遺伝子検査というものだけでも20万円以上はかかるようです。

そうなると、このマイコード遺伝子検査はとても低コストでお手軽な上将来の健康に役立ちますから、みなさんもぜひ前向きに考えてみてください!
遺伝子検査サービスMYCODE(マイコード)の口コミと評価

ちなみに、神奈川県では2016年2月末まで神奈川県在住者・神奈川県在勤者・神奈川県内の学校に通学する20歳以上の学生は県の助成で40%オフ になるようです。

マイコードが「神奈川県未病市場創出促進事業」の販売商品として選ばれているために、県の助成があるということです。

もしかしたら他の自治体も神奈川県のような取り組みを今後行うかもしれませんので、マイコード遺伝子検査に興味を持った時には、ちょっと確認してみるといいかもしれません。

詳しくは→DeNAライフサイエンスの遺伝子検査サービス【MYCODE-マイコード-】