不眠症!依存や副作用の睡眠薬を使わず自然に眠るコツはある?

日本人の多くの人が悩まされている不眠症は、夜寝たいのになかなか寝られず次の日に疲れが残っているなど日常生活に様々な支障をきたします。

原因は様々ですが、仕事による過度な疲労やストレス、電子機器の普及による原因、運動不足、生活リズムの乱れなどが挙げられます。

不眠症の改善をするために使う薬として睡眠薬が有名ですが、この睡眠薬には副作用はもちろん依存性もあります。

そこで、今回は依存性のある薬を使わずに自然に深い眠りを手に入れるコツをご紹介していきます。

—睡眠、特に深い眠りが重要—

睡眠は人間にとって重要なもので、一日の体の状態をリセットするために必要なのです。

しかし、近年ストレスなど様々な原因で睡眠がしっかりと摂れない不眠症に悩まされる人が増え、せっかく眠れても睡眠が浅く疲れが取れないなどの悩みを持った人が増えています。

睡眠の中でも特に深い睡眠が重要で、この深い睡眠の時脳もしっかりと休めることができ、体の疲れはもちろん頭の中もリフレッシュされ本当に体がリセットされます。

スムーズに睡眠に入ることで、深い睡眠にも入ることができるのですが、不眠症の場合、レム睡眠つまり、浅い睡眠ばかりになる傾向があります。

—不眠症を解消するコツ—

まず、重要なのが生活リズムをきちんと確立することです。

一日の中で何時に寝て何時に起きるかをしっかり決めて、それを休日を含めて毎日続けることが重要です。

毎日のリズムが乱れていると、根本的に不眠症になりやすくなってしまいます。

続いて、お風呂にゆっくりと浸かることが効果的です。

夜、寝る前にお風呂にゆっくりと浸かることで体が温まります。

体が、温まりそのままお風呂から出ると少しづつ体が冷えていき、そのまま睡眠までゆっくり体温が下がり続けて睡眠に入りやすくなります。

さらに、夜の食事も重要です。

夜ごはんの際にどのようなものを食べているでしょうか?

今回重要なのはスープや味噌汁が一品でもあるかどうかです。

汁物を食べることで、体の中から温めてこちらも夜の睡眠にスムーズに入ることができるようになります。

—まとめ—

スムーズに睡眠に入るのに重要なのは、睡眠前に体温を落とすことです。

そのため、温かいものを食べ、風呂に入って体を温めることで寝る前までにちょうどいい体温まで下がってくれます。

睡眠にスムーズに入りたいと思う方は、まず生活リズムの改善から見直してみるといいでしょう。

◆いろいろ注意してもなかなか眠れないと悩むときは、休息サプリで熟睡できる!と人気の「北の大地の夢しずく」を飲んでみてください。

自然素材100%で子供でも妊娠中や授乳中でも安心して飲めるので口コミ評価も高く人気です。
北の大地の夢しずくで熟睡の口コミや体験

いつでもどこでもそのまま飲める液体タイプで1回分ずつの持ち運びOKな個包装になっているのも心強いです。

北の大地の夢しずくは、普段の不眠だけでなく旅行など外泊時に眠れないときも活躍します。

公式サイト↓


us