薬剤師の本音,本当の健康,薬とサプリ,

薬剤師の本音:本当の健康

胆管がんの危険性がある体質と予防法

 

川島なお美さんが胆管がんを患われて、54才で急逝されましたね。

あまりにも若すぎる死で、驚かれた方も多いのではないでしょうか。
私も年が近いのでショックでした。
お悔やみ申し上げます。

胆管がんというと、あまりよく知られていませんが肝臓がんの一種です。

ところで、胆管がんの危険性がある体質というのはあるのでしょうか。

また、予防法はあるのでしょうか。

調べてみたことをご紹介していきたいと思います。

統計、疫学について調べてみると、まず、胆管がんは、男性よりも女性のほうがかかりやすいのだそうです。

これは、胆管がんになりやすい体質の一つに胆石があり、その胆石は女性のほうが男性より持っている人が多いからなのだそうです。

また、日本人は他のアジア人や欧米人と比較しても罹患率が高い傾向にあるのだそうです。

また、40歳未満で罹患するのは稀で、50代ごろから徐々に増加し、60代が最も発症が多い年代だそうです。

あとは、川島さんといえばワインですよね。

ワインなどアルコールの摂取ががんリスクを増加させてしまいます。

アルコールを好む傾向にある家系だとがんになりやすいのでしょうか。

そういった家系が関係あるのかどうかなども含めて、少しでも前もって遺伝的要因について知っておくことで、生活習慣を見直そう、改めようと思うことは大切ですよね。

少し意識するだけでも、プラスに働きます。

そこでおすすめしたいのが、マイコードです。
遺伝子検査サービスMYCODE(マイコード)の口コミと評価
遺伝子検査のマイコードは、将来の病気発症リスクを遺伝的要因から探ってくれる最近の検査キットです。

人間ドックや健診は、現状の健康状態がわかる検査ですが、マイコードなら遺伝子検査なので、検査結果でリスクが高い病気があったとしても、それを絶対に発症するとは限りません。

しかし、少しでも体質を知っておくことで予防ができます。

現代では糖尿病などの生活習慣病やがんが死因の上位を占めていますから、少しでも予防に努めることは大切ですよね。

公式サイト↓
女性向け遺伝子検査キット

 

タグ :  

遺伝子検査

この記事に関連する記事一覧