ゆうこ先生ゆうこ先生

飲む日焼け止めに入っている成分のニュートロックスサン(NutroxSun®)は、

日焼け後の美白にも役立つという噂ですが、本当でしょうか?

調べてみたら、ニュートロックスサンをメインで含むインナーパラソル16200が特に良いですよ。

詳しくは以下の本文をじっくりどうぞ

日焼けの面倒なところは、一旦焼けてしまうともとの肌色に戻すまでに時間がかかること。

小麦色の肌は健康的とも言われますが、美白にこだわっている人にとっては辛いものがあります。

日焼け対策と言えば日焼け止めですが、効果は予防がメインであるため、既に日に焼けてしまってから使っても効果は期待できません。

今以上に日焼けすることは防げても、もとの肌色に戻すことは難しいでしょう。

対策を行うとすれば、美白化粧品などを根気良く使い続けたり、食事やサプリでの栄養補給が必要となります。

ゆえに、日焼け止めと事後対策の美白をまとめて行えれば便利ですよね。

もし、それが可能だったとしたらどうしますか?

実は日焼け止めでありながら、日焼け後の美白にも役立つ成分があるんです。

成分の名前はニュートロックスサン

なぜニュートロックスサンが日焼け後の美白にも良いのかを、今回はお話していきます。

飲む日焼け止めのニュートロックスサン


ニュートロックスサンは、飲む日焼け止めと言われ、化粧品ではなくサプリメントの成分として親しまれています。

ニュートロックスサンを構成している成分は、シトラスとローズマリー

いずれもスペインの地中海沿岸で育てられたものを使っていて、現地の厳しい日差しに耐えうる抗酸化成分が豊富

紫外線は活性酸素によってメラニンを大量に生み出してしまうのですが、抗酸化の効果によって活性酸素を抑えることができます。

活性酸素は健康な人であればむしろ体の役にたつ量しかないはずですが、生活が不規則などの理由で過剰に増えてしまうことも。

もし心当たりがあるなら、ニュートロックスサン入りサプリを飲むだけでなく、活性酸素が増える原因を取り除くのも大事ですよ。

ともあれニュートロックスサン入りサプリを取り入れることで、私たちも日焼け止めを塗ることなく日差し=紫外線に焼けない肌が期待できます。

より細かく言えば、肌が赤や茶色になるのを防ぐ炎症効果に加え、肌にあるコラーゲンの破壊を防ぐ効果もあります。

紫外線のうちA波と呼ばれる波長は、強さこそ焼ける原因とされているB波ほどではありませんが、肌の奥、真皮層まで到達し、コラーゲンを破壊してしまうのが厄介。

肌の色はそのままでも、コラーゲンが減ってしまうことで肌荒れしやすくなったり、それこそ後にB波で焼けた時に、戻りにくくなるなどのデメリットを生んでしまいます。

つまりニュートロックスサン入りサプリを飲んでいれば、肌そのものを強くし、肌荒れの防止にも役立つんです。

美白効果もここに関係していて、直接肌を白くするわけではなく、紫外線のダメージを抑えて肌を老化させないことで、もとの肌色に戻りやすくなるというわけ。

さらに素材は天然成分で、余計なものが入っていないため、敏感肌の方でも安心です。

ニュートロックスサン入りサプリは、塗る日焼け止めのように、肌に直接塗るタイプではないのも、肌が弱い方にはメリットとなっています。

塗り直しの手間もナシ!飲むタイプゆえのメリットも豊富

ニュートロックスサンは肌が弱い方以外にも嬉しい要素を持った成分です。

塗るタイプの日焼け止めの場合、塗った部位にしか効果は発揮されません。

しかしニュートロックスサンは飲むものですから、ほかのサプリや食品と同じように、血液によって全身に成分が運ばれます。

つまり飲むだけで、全身に日焼け止めを塗ったのと同じような感じが得られるんです。

日焼け止めは毎日使うことを考えると、時短ケアにもなるのは嬉しいですよね。

その上効果も24時間継続してくれます。

ただ毎日飲み続けることが条件なので、最初のうちは塗るタイプの日焼け止めとの併用をおすすめします。

引用元https://www.nutroxsun.com/beneficios.php
【著作権上の問題により、意味を変えず書き直しさせて頂いています】

具体的な摂取量や副作用の心配は?

ちなみにニュートロックスサンは、1回に250mgの摂取がおすすめ。

量を減らしたり、一時的にやめるのは問題ありませんが、その分効果も薄れると思ってください。

反対に250mgより多く摂取したとしても、効果がより長続きしたり、すぐ肌が元の色に戻ることもありません。

飲むだけなのですから、毎日きちんと続けましょう。

またニュートロックスサンだけで日焼け防止を行えるようになるには、平均で56日、2ヶ月ほどかかります。

そもそもニュートロックスサンの効果は、ダメージの軽減なので、全く焼けないとは言い切れません。

抗酸化も活性酸素に対するものであって、紫外線そのものをやっつける効果ではありませんし。

効果を感じられるまでの日数もあくまで平均ですから、人によってはそれ以上必要となる可能性も。

100%でない点、時間がかかりそうな点は、デメリットに感じる人もいるかもしれませんね。

ただ使い始めたら、余裕を見て3ヶ月は効果を見極めるのに費やすことをおすすめします。

素材のところでも触れましたが、副作用も特に報告されていません。

ただしシトラスなどの柑橘系や、ローズマリーに対してアレルギーを持っている人は話が別。

いくら肌がきれいになるとしても、アレルゲンでは体調不良になる可能性は否定できません。

使いたい場合は、かかりつけ医にニュートロックスサンを見てもらい、許可をもらってからにしてください。

引用元https://www.nutroxsun.com/faq.php
【著作権上の問題により、意味を変えず書き直しさせて頂いています】

ビタミンCも得られるインナーパラソル16200

ニュートロックスサンを得るには、ニュートロックスサンを含むサプリを飲むのが手っ取り早いです。

いくつかのメーカーがニュートロックスサンのブランドと提携、ニュートロックスサンを利用していますが、特におすすめなのがインナーパラソル16200 for UV

詳しくは公式サイト→インナーパラソル16200 for UV

インナーパラソル16200 for UVは、ニュートロックスサンが1日分の250mgしっかり補給できるだけでなく、ほかにも肌に役立つ成分を含んでいます。

インナーパラソル16200 for UVの中身はビタミンCにビタミンP、パインセラ、そしてコプリーノの4種類。

ビタミンCは言わずもがな、美白に役立つ美容成分の1つですね。

ニュートロックスサン同様に抗酸化も期待でき、肌だけでなく内蔵や骨などの構成や、病気予防にも役立っています。

またビタミンCは、コラーゲンを作るサポートもしてくれる成分。

今までに失われたコラーゲンを取り戻す助けにもなります。

1袋(1ヶ月分)に3000mgなので、1月を30日を考えると1日分は100mgとなります。

実はこれ、大人が1日に摂取して欲しい目安量と同じ。

インナーパラソル16200 for UVでニュートロックスサンだけでなく、ビタミンCも1日分の100%が得られるのは嬉しいですよね。

ちなみにビタミンCは、1日に1g=1000mg以上得るのは健康に良くないとされています。

なのでインナーパラソルで100mg摂取することに加えて、食事でビタミンCを含む素材を得てもOK。

ただサプリなど、より多くビタミンCを含む食品のみ、注意してくださいね。

引用元https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/eiyouso/vitamin-c.html
【著作権上の問題により、意味を変えず書き直しさせて頂いています】

インナーパラソル16200はニュートロックスサンだけに頼らない紫外線対策

もちろんインナーパラソル16200 for UVは、ほかの素材も日焼け予防や美白ケアに役立つものばかり。

まずビタミンPは、それ自体がポリフェノールゆえ、抗酸化が期待できます。

加えてビタミンCをサポートしてくれますから、ビタミンCの効果がより得やすくなるメリットもありますね。

パインセラはパイナップルに含まれるセラミドのこと。

人の肌にあるセラミドと同じように、肌の潤いを助けてくれます。

肌の保湿はバリア機能を向上させ、紫外線を始めとした外部からの刺激に強くなる効果があります。

インナーパラソル16200のパインセラは、ニュートロックスサンと併せて、より日焼けしにくい肌へと導いてくれるんです。

最後のコプリーノは、キノコの1種。

こちらはパインセラと同じく外的刺激からの保護と、体の乱れに対するケアが得意です。

活性酸素について生活の乱れが原因としましたが、コプリーノがその調整役になってくれます。

インナーパラソル16200で1日に得られる量は、ビタミンPが110mg、パインセラは30mg、コプリーノは50mgです。

インナーパラソルは、この含有量の多さも魅力の1つと言えますね。

公式サイトより引用

詳しくは公式サイト→インナーパラソル16200 for UV


【著作権上の問題により、意味を変えず書き直しさせて頂いています】

インナーパラソルとしての副作用や注意点は?

ニュートロックスサンは問題ないとしても、ほかの素材や成分を加えたことで、改めてインナーパラソル16200に問題はないのか考える必要はあります。

結論から言うと、インナーパラソル16200は、飲みすぎに注意すれば、副作用などの心配はありません。

インナーパラソルの1日の目安量は、2粒から6粒まで。

ちなみに各成分の1日辺りの含有量は、2粒をベースとしたもので、1袋も60粒入りとなっています。

日差しが特に強い場合やどうしても焼けたくない時であれば、3粒以上もおすすめというわけ。

ただインナーパラソル16200の飲み始めの頃は体のペースに合わせる意味も含めて、2粒あるいは1粒などでスタートし、徐々に増やしていくのが良いでしょう。

素材に関してはアレルギーがある方のみ注意ですね。

ただ現在薬を飲んでいたり、通院中の方、また授乳中の場合は、念のためかかりつけ医に相談を。

妊娠中の方はそもそもインナーパラソル16200をおすすめしていないので、どうしてもという場合のみ、かかりつけ医に許可を求めてください。

許可が出た後も、もし体調に変化が出たら量を減らすか一旦中止して、様子を見てくださいね。

公式サイトより引用

詳しくは公式サイト→インナーパラソル16200 for UV


【著作権上の問題により、意味を変えず書き直しさせて頂いています】

インナーパラソル16200の購入はインターネット通販で

効果が期待できるインナーパラソルですが、残念ながら、ドラッグストアなどの実店舗では販売していません。
インナーパラソル16200 for UVはドラッグストア(薬局)でも購入できる?

飲む日焼け止めであれば、いくつか確認できたのですが、ニュートロックスサンを始め、成分の種類や含有量が低いものが多いです。

塗るタイプと併用したり、ほかのサプリで成分を補給できるなら選んでも良いという印象。

ちょっとケアしておきたいという人ならまだしも、しっかり対処したいならインナーパラソルに任せた方が良いでしょう。

一方インターネットでは、Amazonや楽天と言ったモールサイト、またインナーパラソルの公式サイトでの販売が確認できました。

モールサイトではポイントが利用できたり、送料無料などの特典もあるので、普段の利用状況によってはおすすめです。

ただインナーパラソル16200の値段をとにかく安くしたいと考えているなら、まずは公式サイトをチェック

インナーパラソル16200の公式サイトでは1回きりの購入だけでなく定期購入にも対応しており、選ぶことで大幅な割引が可能なんです。

楽天とYahoo!ではメーカーが出店しているようですが、システムの都合か定期購入は無し。

まとめ買いによる割引はありますが、支払額は複数合わせた合計となるため、手持ちが少ない時には不便ですよね。

でもインナーパラソル16200の公式サイトの定期購入であれば、毎月1個ずつなので支払額も少なくて済みます。

肝心の割引ですが、初回のみ定価の7分の1以下で送料も無料。

最低でも3回の継続が条件ですが、2回目以降も20%オフ以上の割引が適用されます。

20%以上というのは、定期購入もまとめ買いが可能で、その数に応じて変動するため。

2個ずつなら25%、3個以上なら30%の割引です。

おまけにサプリメントケースやメーカーの別製品と言ったプレゼント付きと、いたれりつくせりです。

発送時も無地の梱包材に、製品名を健康補助食品とだけ表記しているので、飲む日焼け止めを買っているとは家族などに分かりにくくなっています。

インナーパラソル162001袋の発送であれば、ポストインタイプの発送になるため、不在が多い人でも注文しやすいですよ。

まとめ

抗酸化による日焼け止め効果が期待できるニュートロックスサン

肌の老化を防ぐ働きもあって、既に日焼けしてしまった人にもおすすめです。

利用するのであれば、ビタミンCなどほかにも役立つ成分を備えたインナーパラソル16200が特に便利

インナーパラソル16200なら、ニュートロックスサンとの相乗効果で、より日焼け止めや美白サプリとしての機能アップが見込めます。

メーカーサイトの定期購入を利用すれば、コスパも抑えられるなど続けやすいです。

ニュートロックスサンの入ったインナーパラソルで、過去起こった日焼けから現在、そして未来の予防まで、まとめて対処しちゃいましょう

詳しくは公式サイト→インナーパラソル16200 for UV