薬剤師の本音,本当の健康,薬とサプリ,

薬剤師の本音:本当の健康

乳がんの危険性がある体質と予防法

 

がんは、日本人の死亡原因トップですよね。

特に女性なら、切除もありうる乳がんのリスクは気になるのではないでしょうか。

そもそも乳がんになりやすい人はどんな人なのでしょうか。

調べてみたことを少しご紹介していきましょう。

・初潮年齢が早かった人(11歳以下)

・出産経験のない、または初産年齢が高い人

・閉経が遅い人(55歳以上)

これがリスク要因なのだそうです。

初潮年齢や出産経験の有無、初産の年齢はわかっても閉経の時期はまだわからないという人もおられますよね。

あるいは、初潮年齢も昔すぎて忘れてしまったという人もおられるのではないでしょうか。

そんなときにおすすめなのが遺伝子検査マイコードです。

マイコードは、将来かかりやすい病気を一人一人の遺伝子傾向によってデータ化したものです。

遺伝子を見ることで、遺伝が関係する病気や体質をだいたい予測してくれるのがメリットです。

マイコードは乳がんのかかりやすさについて数値で教えてくれるのはもちろん、乳がんの発症要因である初潮年齢、閉経年齢を遺伝子から予測してくれます。

もちろんバッチリ当たるというわけではなく、多少の誤差は生じますが、口コミでもわりと当たっていることが多いのだそうですよ。
マイコードの遺伝子検査方法と使いかたのコツ→マイコード
マイコードで自分の乳がんのリスクがわかれば、乳がんの予防を頑張ることができますよね。

乳がんの予防には適度な運動、バランスの良い食事、そしてイソフラボンが豊富な大豆食品、食物繊維などを積極的にとるのが良いとされています。

乳がんになりやすい体質がどうか知りたいという人は、ぜひマイコードで遺伝子検査してみるのがおすすめです。
公式サイト↓
女性向け遺伝子検査キット

 

タグ :  

マイコード 病気 遺伝子検査

この記事に関連する記事一覧