前立腺肥大についてご存知ですか?

前立腺肥大になると排尿障害や、残尿感など様々な症状が現れます。

主に高齢の方に多く、手術などの処置を行う必要がある方もいます。

そんな、前立腺肥大についてご紹介していきます。

ー前立腺肥大の原因ー

詳しい原因に関してはまだ解明されていません。

しかし、ほとんどの場合60代以上と高齢の方に多いため、ホルモンバランスが影響しているのではないかと言われています。

そのほかにも、高血圧、高血糖など様々な原因が推測されています。

ー前立腺肥大の症状ー

前立腺肥大になると、基本的には残尿感や、排尿時の諸症状が現れます。

トイレに行ってもなかなかでなかったり、勢いが弱いなど症状は人それぞれです。

中には、痛みを伴ったり、残尿がたまり自力での排尿ができなくなる方もいらっしゃいます。

残尿により他の臓器へ影響を及ぼしたりと、治療を必要とする方も中にはいらっしゃいます。

ー予防法ー

詳しい原因が解明されていませんが、おおよその推測は立っています。

そこで、日常生活での予防を徹底することで予防をすることは可能です。

1.トイレを我慢しないようにしましょう。

トレイを我慢している間、常に膀胱付近に負荷がかかっている状況になります。

2.刺激のあるものを食べないようにしましょう。

年をとればとるほど、体は刺激物に対して弱くなります。

できるだけ体内に刺激のあるものを取り入れないように心掛けましょう。

3.水分の補給をしっかりしましょう。

トイレに行きたくなるのが嫌だからと水分を控えるのは禁物。

人間の体は常に毒素を排除するために水分を必要としています。

体の構成成分で一番多い水を控えるのは絶対にやめてくださいね。

ー改善法ー

改善法は個人でできるようなお手軽なものはありません。

気になった方は病院へ行かれることが一番でしょう。

前立腺肥大なのか、もしかしたらほかの病気かもしれません。

前立腺がんなども同じような症状を発症します。

改善法がない分、予防をし、ある程度の年になったら検診に行き早期発見できるように心がけましょう。

前立腺肥大は症状が軽いうちは病院で簡単な治療が行えます。

重症になると、手術などが必要になってくるのでそれまでに発見できるように心がけましょう。

ーまとめー

前立腺肥大は、60代を超えて多くなるものです。

しかし、若いうちから日常生活で予防法に書いたようなことを意識していれば、年を取って前立腺肥大になる可能性を下げられるでしょう。

今すぐ気を付けてみてくださいね。

◆どんな病気も予防が一番大事ですね。

そこで自宅で簡単にできる遺伝子検査のマイコードを使って未来を予測するといいと思いました。

マイコードなら、将来、自分がどんな病気になりやすいのか?どんな体質なのか?何に注意すれば未然に防げて長生きできるのか?
などが詳しくわかります。
遺伝子検査サービスMYCODE(マイコード)の口コミと評価

口コミでも人気の遺伝子検査サービスMYCODE(マイコード)は、一生に1度だけの簡単な検査(唾液をとって送るだけ)でいろんなことがわかって、注意したいことなども、個別に指導してくれるからです。
公式サイト↓
女性向け遺伝子検査キット