薬剤師の本音,本当の健康,薬とサプリ,

薬剤師の本音:本当の健康

脳梗塞になる確率と予防する食事や生活習慣

 

脳梗塞になる確率と予防する食事や生活習慣

脳梗塞は言わずと知れた有名な病気ですよね。

何となく遠いイメージを持っていませんか?

脳こうそくは誰にでも突然起こる可能性があります。

ほとんどの場合突然なので死亡率が高い症状としても知られています。

そんな恐ろしい脳梗塞について、予防する食・生活習慣についてご紹介します。

ー脳梗塞についてー

脳梗塞は誰にでも引き起こす可能性を持っているものです。

人間の脳には細部まで血管が張り巡らされています。

そのため、いつどこで血管が詰まる危険性があってもおかしくないのです。

脳梗塞とは血管が詰まって周辺細胞にダメージが与えられている状態を指します。

通常の生活に合わせて脳梗塞になる可能性を上げるものがあります。

1.喫煙

2.糖尿病

3.過度の飲酒

4.高齢者

5.高血圧

これら以外にもありますが、多くの人が抱えている上記のようなものが、脳梗塞の可能性を上げているのです。

一つでも当てはまる人はこれを改善することが最善かもしれません。

高齢者の方に関してはどうしても可能性が高くなってしまいます。

ー脳梗塞を予防する食・生活習慣ー

脳梗塞を日常的に予防する方法をご紹介します。

1.栄養バランスを気にしてしっかり摂る

食事の中で栄養バランスはとても重要になります。

特に玉ねぎなどは血液をサラサラにする成分が含まれており、予防に効果的です。

そのほかにも、きれいな血液を生成するため、血管を丈夫にするために多くの栄養が必要です。

2.適度な運動

運動を行うことで血管に負荷をかけることができます。

適度に血管に負荷をかけなくては血管が弱ってしまったり、詰まりやすくなってしまいます。

特に高齢になればなるほど動くことが減ってしまうので、意識して運動を取り入れましょう。

3.脂っこいものを避ける

脂質・コレステロールは脳梗塞の原因になると考えられています。

できるだけ摂取を控えるように心がけましょう。

4.過度の飲酒・喫煙を控える

何はともあれ、これらは様々なリスクを高めるのでやめましょう。

ーまとめー

脳梗塞は突然起こり、死に直結する可能性が高いものです。

また、脳梗塞によって様々な病気を引き起こしたり、障害を引き起こすことが数多くあります。

直接的だけでなく様々な原因になりゆる恐ろしい脳梗塞は予防することが一番です。

誰でも知っているような予防法でも、実際に誰でも実践しているとは限りません。

もしあなたが気になることがあれば、今すぐ改善することを強くお勧めします。

◆脳梗塞だけでなく、どんな病気も予防が一番大事ですね。

そこで自宅で簡単にできる遺伝子検査のマイコードを使って未来を予測するといいと思いました。

マイコードなら、将来、自分がどんな病気になりやすいのか?どんな体質なのか?何に注意すれば未然に防げて長生きできるのか?
などが詳しくわかります。
遺伝子検査サービスMYCODE(マイコード)の口コミと評価

口コミでも人気の遺伝子検査サービスMYCODE(マイコード)は、一生に1度だけの簡単な検査(唾液をとって送るだけ)でいろんなことがわかって、注意したいことなども、個別に指導してくれるからです。
公式サイト↓
女性向け遺伝子検査キット

u

 

タグ :  

マイコード

この記事に関連する記事一覧