薬剤師の本音,本当の健康,薬とサプリ,

薬剤師の本音:本当の健康

エクオール産生菌とは何?どんな効果があるの?

 

エクオール産生菌とは何?どんな効果があるの?

最近話題のエクオール産生菌とは腸内細菌の1つです。

大豆イソフラボンに含まれるダイゼインという成分がエクオール産生菌によってエクオールになることが最近知られるようになりました。

エクオール産生菌がないと、イソフラボンはエクオールにならないと言われています。

そしてエクオールに、女性ホルモン様作用があるわけです。

なのでイソフラボンをとっても、エクオールにならないと効果を発揮しません。

ですからエクオール産生菌が必要になるわけです。

テレビでも話題になった「エクオール産生菌」どのような効果があるのでしょうか?

今回はエクオール産生菌にはどのような効果があるのか、探っていきましょう。

◆エクオールが生成されるとどうなるのか

大豆イソフラボンに含まれるダイセインという成分が腸内細菌の1つであるエクオール産生菌でエクオールに変化すると冒頭で述べました。

エクオールに生成されることで、女性ホルモン系の諸症状の緩和の効果が期待されると言われています。

主に、女性の更年期障害、生活習慣病、美肌効果、ダイエット効果の美容だけでなく、がんや薄毛などの予防にも効果があるとされています。

しかし実はまだエクオールについて詳しく解明されていないのが事実です。

◆エクオールは体内で作れる人と作れない人がいる!?

日本人にはエクオールは2人に1人、つまり半数の人がエクオール産生菌を持っていないというデータがあります。

特に20代までの若年層では3割近くがエクオール産生菌を持っていないことがわかりました。

この腸内細菌のエクオール産生菌をもっていなければいくらイソフラボンを摂取しても、エクオールを作りだす事ができません。

実は、このエクオール産生菌を作りだすには、小児期の食生活で腸内細菌の種類で決まると言われています。

小児期にバランスの良い食事はもちろんのこと、大豆製品(納豆など)を積極的に摂取しているかが大事です。

小児期の食生活の積み重ねによってエクオール産生菌が生成されていくのです。

しかし、若年層ではこうした大豆製品の摂取が少なく、エクオールを作れる人が減少しているのが事実です。

こうしたことでも、小さいうちからの食生活はいかに大事かがわかります。

普段からストレスをためたり、運動不足などが続いていると、エクオールが生成出来にくくなります。

また、たばこは悪玉菌が増加する原因になりエクオール産生菌が働かなくなります。

エクオールを増やすにはサプリメント?

エクオールを増やす一番有効な方法はやはり、サプリメントで摂取することです。

サプリメントで摂取する事によって、直接体内に働きかけ、エクオール生成につながります。

サプリメントを上手に摂取して、是非健康を維持してくださいね。

◆まとめ

いかがでしたか?

最近話題のエクオールについて述べましたが、エクオール産生菌は日本人の半数近くも持っていないということで、小児期の食生活がいかに大事かがわかりましたよね。

若いうちからバランスの良い食生活が望ましいですが、忙しかったり寝不足などで、不規則になりがちだとどうしても食品からの摂取が難しくなりますよね。

数あるサプリメントで自分に合ったものを選んで、上手に摂取していつまでも若々しくいたいものです。

◆なお、エクオールのサプリメントで人気があるのは、小林製薬のエクオール(発酵大豆イソフラボン)です。

発酵大豆イソフラボン(エクオール含有28mg)だけでなく・・
女性のバランスを内側から整える「ブラックコホシュエキス」、
めぐりに大切な青みかんの「酵素処理ヘスぺリジン」、
安定した毎日をサポートする「テアニン」
が有効成分で含まれます。

ヘスペリジンが入っているので冷えにもいいです。

女性のためのサプリメントと言えます。

口コミ評価も高く効率的にエクオールを摂ることができるからです。

公式サイト↓



【小林製薬】エクオール

us

 

タグ : 

エクオール(発酵大豆イソフラボン)

この記事に関連する記事一覧