ゆうこ先生ゆうこ先生

太るには1日何キロカロリー必要なのでしょうか?

身長156cmで体重35kgで痩せすぎ20代の知人の体験ストーリーです。

どうやって太ることができたのか?彼女の太るコツをじっくりどうぞ。

ちょっとは食べないと倒れちゃうよ?

ある日職場の先輩に心配されてしまったのですが、私は別に拒食症とか食べないわけではありません。

むしろたくさん食べているつもりなのですが、一向に体に肉がつかないんです。

私の身長は156cmほどなのですが、体重は35kg。

先輩は最初、入社したばかりで残業が多い私を、食事をする暇もないと思って声をかけてくれたようですが、最低限食事とお風呂、睡眠時間は確保するようにしています。

でもやっぱり体重は変わらず。

実は今までも、同級生や親戚に何度も心配されたことがあります。

家族は体質と割り切っているのですが、毎日生活を共にしているわけでもなく、久しぶりに会う人にはいつも驚かれてしまうんです。

おかげで体型も子供体型と言って良いほどガリガリ

細くていいねなんて言われることもありますが、私としては胸や腰が豊かな周囲の女性の方が憧れます。

一体この体は、いつになったら痩せぎすから解放されるんでしょうか?
太るコツについて、模索してみました。

私の標準体重は約53kg

健康的な体重と言えば、身長に応じた標準体重というものがあります。

運動や仕事のスタイルなどで多少前後はするでしょうが、私の身長で計算した場合、標準は53kgほどになるそう。

今の体重と比べると、なんと18kgも違っています。

これでは、心配されてしまうのも無理ありませんね。

ただ1kg増やそうと思ったら、カロリーで9000kcalも増やす必要があります。

10kgで9万kcal、18kgは16万2000kcalです。

しかも問題なのは、この量をただ追加していけば良いのではなく、毎日の消費カロリーをマイナスした上で加算する必要があること。

厚生労働省では年代や生活ぶり(仕事などから判断する運動量)から、1日に必要なエネルギーを算出しているのですが、私の場合は20代かつデスクワーク中心で1650kcalでした。

もちろん毎日机に座りっぱなしではないので、場合によっては次の1950kcal(営業などで動く程度)になっていることもあるかもしれません。

仮に1ヶ月で標準体重に戻そうと思ったら、16万2000÷30で体に蓄えるカロリーだけでも5400kcal必要なのに、プラス消費される分で最低でも7050kcal必要になってしまうんです。

2ヶ月で戻すとしても1日あたり4350kcal、3ヶ月で3450kcal。

半年かけるとしてようやく2550kcal、道のりは長そうです。

引用元http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-10904750-Kenkoukyoku-Gantaisakukenkouzoushinka/0000041955.pdf
【著作権上の問題により、意味を変えず書き直しさせて頂いています】

摂取カロリーが意外と少なかった

問題は更に、今まで私が1日にどれぐらいカロリーを摂取できていたのかにもありました。

少なくとも1650kcalを上回っていないと体重が増えることはないのですが、計算してみた結果、なんと1500kcalしか摂取できていませんでした。

毎日マイナス150kcal。

60日で9000kcalに達するので、2ヶ月で1kgずつ痩せていっている状態だったんです。

現在痩せ続けるのではなくキープになっているのは、たまの外食で2000kcalを超える日があったからでしょう。

自分では食べたつもりになっていても、実際に計算してみると全く違うんですね。

カロリーを増やすにはおやつも大事

摂取カロリーを効率よく増やそうと思ったら、普段の食事の量を増やすことだけでなく、間食をプラスするのも良いそうです。

確かにおやつを食べると太るって聞きますし、また1回の食事で増やそうとすると、お腹がそもそも受け付けない可能性もあるそう。

大食いの人ならば別ですが、そうでなければ食事量よりも食事回数を増やした方が、体内に溜まりやすいようです。

ちなみに食事量を増やすからといって、回数を減らすのはあまり良くありません。

相撲取りの方など、1日2食生活を送っている話を聞いたことがありますが、全ての人が1日2食で太るとは限らないそうです。

理由はいくつかありますが、わかりやすいものでは摂取カロリーの総量が少なくなるから。

2食しか食べられないと思うと、1食辺りたっぷり食べそうなものですよね。

でも実際は言うほど食べられないのが現実。

例えば1日3000kcalを摂ろうと思ったら、2食の場合1回で1500kcalも得なくてはいけません。

もし1食目で1000kcalしか摂れなかったら、2回目で2000kcalをキープしないといけないんです。

それなら1日3食+間食2回の5食で1食辺り600kcalを超えれば良いと考える方が楽に感じませんか?

600kcal以上得てしまう分には問題がないのですから、ハードルも低いですよね。

綺麗に太るなら栄養バランスは大事

単純にカロリーだけを増やすなら、脂肪や炭水化物たっぷりの食事が良いはず。

ですがこれでは、太った時に体型も醜くなるリスクが生じます。

私も太りたいとはいえ、お腹だけでっぷりとはみ出ているような体型は避けたいところ。

そのため、たくさん食べるにしても、ビタミンやミネラルといった栄養の種類は豊富に含めましょう。

むしろダイエットとは逆に、たくさん食べることに問題はないのですから、バランスは整えやすくなるはずです。

また肉を付けるのであれば、炭水化物や脂肪も取り入れつつ、タンパク質を重視しましょう。

カロリーとしてのバランスは炭水化物6割に、脂肪とタンパク質が2割ずつの関係が良いです。

ご飯あるいはパン、麺類で炭水化物を得て、肉や魚といったメインディッシュで脂肪とタンパク質を得るのは理にかなっています。

もちろんサラダやスープ、あるいはデザートなどで、ビタミンやミネラルの補給もお忘れなく。

太る際も消化は大事

そしてカロリーを稼ぐことができた場合でも、食べる時に最後の注意。

食べ物は体内で消化酵素によって分解され、栄養として吸収されます。

しかし1度にドカ食いしてしまったり、早食いなどよく噛まずに飲み込んでしまうと、きちんと消化が行われません。

むしろカロリーどころか、ビタミンなどほかの栄養すら吸収されずに排泄されてしまい、無駄になってしまうんです。

おやつなど、食事量ではなく回数を増やすのが良いのはこれも理由と言えます。

夜食など、食事の機会を増やすのも良いでしょう。

しつけとして一口30回は咀嚼しろなんて言いますが、太るためにも良いことだったんですね。

ほか、消化をよくする飲食物を選ぶなど、しっかり体に蓄える食べ方が求められます。

特に食が細い人は、消化能力が十分でないがために蓄積されないこともあるようなので、無理のない範囲で少しずつ増やして行きましょう。

ちなみに体重が目標に届くまでは、極力食事の頻度も一定にすることが大事です。

休日など、料理をする手間がある、お店へ買いに行くのが面倒という理由で怠けてしまうと、その分体重は減ってしまいます。

もとから少量で十分だった人は、多少食事を減らしても問題なく過ごせてしまうのが厄介。

本当に太りたいのであれば、毎日しっかり続けましょう。

「ファティーボ」で健康的な太り方をサポート

消化に関して酵素が良いという話をしましたが、サポートとして外から酵素を得るのもおすすめです。

私も「ファティーボ(fertivo)」という酵素サプリを試してみました。

口コミでも人気みたいです。
ファティーボの口コミ評価!太って美ボディになれるって本当?

ファティーボは主に8種類の酵素から成り立っていて、うち3種類は麹から作られた生酵素です。

麹も白と黒、黄色と3種類違っています。

また酵素の働きを良くするためにビタミンやミネラルを追加しているのですが、様々な野菜や果物から得るのではなく、花粉荷と呼ばれる素材を使っているのも特徴。

花粉荷はローヤルゼリーを構成する成分の1つで、中にビタミンやミネラルが豊富なんだそうです。

ビタミンであればA、B群、Cなど11種類以上、ミネラルもカルシウムや鉄、マグネシウムなど9種類上が入っています。

そのほか、ファティーボは、食物繊維やタンパク質など、バランスよく入っているのがポイント。

ファティーボは、太るのとは関係なく、栄養補給にぴったりなサプリかもしれません。

脂質もリノール酸やオレイン酸、色素に分類されているものの中にはコエンザイムQ10やルテインなど、美容にも良さそうな成分がファティーボには詰まっています。

ちなみにファティーボの成分に花粉とついているものの、花粉アレルギーの原因にはならないとか。

花粉症に悩まされている人でもファティーボが使いやすいのはありがたいですね。

公式サイトより引用

ふっくら美ボディになる太るサプリ【ファティーボ】


【著作権上の問題により、意味を変えず書き直しさせて頂いています】

生姜で体温キープ&善玉菌で消化吸収アップ

酵素は品質保持のため、温かい飲み物と一緒に摂取するなと言われますが、体内では冷えすぎも禁物。

体温が1度低くなるだけで、酵素は半分以下しか機能を発揮できなくなってしまいます。

そこでファティーボでは、乾燥生姜の成分を追加

生姜の場合は生よりも乾燥させたものの方が、温めてくれる成分であるショウガオールの効果が発揮しやすいのだそうです。

またファティーボは、乳酸菌やビフィズス菌、オリゴ糖による腸内環境ケア効果も期待できます。

消化は食べ物や食べ方である程度行いやすくすることもできますが、最終的には消化器官の活動次第。

ファティーボではお腹の調子を整えてくれる善玉菌や、その餌となるオリゴ糖をプラスすることで対処しています。

さらに栄養の吸収という意味では、花粉荷とは別に、ファティーボでは、亜鉛とアミノ酸の1種であるシトルリンも加えました。

これらは得た栄養分を全身に届けてくれる効果を持っているので、特定の部位だけ不健康に太るリスクを下げる意味でもうってつけなんです。

また特定の部位だけ太ることを防ぐならば、毎日の消費エネルギーは効率よく行わせたいところ。

この問題に対しても、ファティーボはマカを含めることで解消してくれます。

公式サイトより引用

ふっくら美ボディになる太るサプリ【ファティーボ】


【著作権上の問題により、意味を変えず書き直しさせて頂いています】

送料無料かつ最大半額で利用可能

太るまで続けることを前提としているため、ファティーボでは定期購入のコースをいくつか用意していました。

自分の状況に応じて、どれにするか考えましょう。

ちなみに私が選んだのは、ファティーボを9ヶ月続ける代わりに定価の半額で利用できる完全ふっくらコース。

ほかはファティーボを6ヶ月継続で30%引きになる徹底ふっくらコースと、3ヶ月で良い代わりに割引は10%になる集中ふっくらコースがあります。

またいずれも、ファティーボを毎月2袋分ずつ発送されるWコースが存在。

ファティーボを自分1人で続けるのではなく、家族や友人と一緒に続けたいという方におすすめです。

購入特典も太るためのお役立ち

ファティーボを注文すると、特典として健康的な体作り7つの秘訣というサポートブックがついてきます。

なんでもこの秘訣を活用することで、3ヶ月で5.1kg太った方もいるそうです。

さらに秘訣を継続するためのサポートシートもセット。

たたしファティーボのサプリと同梱ではなく、こちらはpdfファイルでデータとして配布されるそう。

自宅のパソコンやスマホの環境で見られるか、確認をお忘れなく。

またファティーボは、30日以内の返金保証制度も用意されています。

1ヶ月だと秘訣に従うなら、1.7kg太れていれば、まあまあ効果が出たと思って良いですかね?

もしそんなに変わらないなと思ったら、申請しましょう。

ちなみにファティーボのメーカーでは、太ることに関しての相談も受け付けてくれます。

変化が感じられない場合はもちろん、日々の食事や生活スタイルなどについても、悩みがあれば話してみてください。

以前より太りやすくなった

ファティーボを飲み始めてから、なんとなく栄養の吸収が良くなったように感じています。

摂取カロリーと消費カロリーの割合、栄養バランス、食事の回数など気をつけるべきところは注意していますが、より健康的なサポートがあるからか、最初の1ヶ月で2kg太ることもできたんです。

途中1kg未満という月もありましたが、それでも毎月プラスになっていき、定期コースを終える9ヶ月目にはなんと15kg近くもアップ。

さすがに定期コースの1期間で18kgのアップはできませんでしたが、次はもう9ヶ月いらないかなと、様子見を兼ねて3ヶ月の集中ふっくらコースに切り替えて続けたところ、合計1年で標準体重にすることができました。

それでいてお腹ポッコリということはなく、お尻や胸、また太ももや二の腕など柔らかいお肉がついていて女性らしい体型になれた感じです。

先輩や友人たちにも「安心」、「以前より可愛くなった」と言ってもらえて嬉しいです。

この自信を胸に、恋人探しを始めようかなと思っています。

まとめ

痩せるのは大変なんて世間ではいいますけど、以前の私にしてみれば「太る方が大変よ」と言いたいです。

太る際は日々の消費カロリー以上の摂取カロリーを得なくてはいけませんし、きちんと消化してくれなくては摂取も無駄になってしまいます。

ですがファティーボに出会って、少し楽に体重のアップができたように感じました。

ファティーボ自身も栄養バランスが良いですし、ただカロリーを増やすだけでなく体内の環境サポートなどメリットもたくさん。

体重の減少に悩んでいるなら、ファティーボをプラスして健康的な増加を目指しましょう。

お得なファティーボ公式サイトをチェック⇩⇩