馬プラセンタのエイジスト(AGEST)「旧エイジングリペア」はアトピーに良いの?悪いの?

最近では何かと話題を集めているプラセンタサプリメント。

プラセンタは胎盤を意味しますが、人間も動物も妊娠中にのみ作られる期間限定の臓器が胎盤です。

胎盤の役目はお腹の中の赤ちゃんに栄養を送ることです。

人間の赤ちゃんは10月10日と言われていますが、このような月日をかけてオタマジャクシのような大きさから人間の赤ちゃんへと成長を遂げます。

このような成長を遂げるために胎盤は欠かせない臓器なのです。

また、胎盤を必要とするのは人間だけではありません。

豚、羊、馬、牛などの動物にも妊娠中は胎盤が存在します。

人間の胎盤は出産後に医療現場にて再利用されていますが、動物の胎盤は主にサプリメントや化粧品などに再利用されています。

そして、動物性プラセンタの中でも高い栄養価とアミノ酸を保持しているのが馬プラセンタです。

馬は人間と同じように1年に1度だけ出産することができます。
豚などとは違い、1回に生まれてくるのも一頭のみです。

そのため、希少価値が高く化粧品やサプリメントなども豚プラセンタと比較すると高価なのが特徴的です。

馬プラセンタの中で高い人気を集めているのが、キルギス産のサラブレッドのみを使用したエイジスト(AGEST)です。

エイジスト(AGEST)にはプラセンタだけでなく、豊富な美容成分も含まれていることから、アンチエイジングに高い効果を発揮すると口コミでも多くの話題を集めています。

そんなエイジスト(AGEST)の口コミを見ると、美肌効果やアンチエイジング効果だけでなく、アトピーに対する効果について書かれていました。

私自身子供の頃からアトピー性皮膚炎を持っていますが、アトピー性皮膚炎はアレルギー性の皮膚疾患となっており、現代の医学では完全に治すことができません。

そのため、症状を少しでも緩和する対症療法としてステロイドが使われていますが、ステロイドは効果が高い反面、副作用が気になることから、近年ではアトピー性皮膚炎の治療に成長ホルモンが豊富に含まれているプラセンタが注目を集めているのです。

しかし、アトピー性皮膚炎に対してエイジスト(AGEST)は100%効果があるとは言えません。

なかには体に合わない場合もあるため、アトピー性皮膚炎とプラセンタの治療法は確実ではないからです。

しかし、実際にエイジスト(AGEST)をアトピー性皮膚炎の改善に取り入れた方の口コミを見てみると、肌の乾燥が気にならなくなったり、アトピー性皮膚炎で黒ずんでしまった皮膚の美白効果などが書かれていました。

もちろん先ほどもお話ししたように、効果については個人差がとても大きいと思いますが、エイジスト(AGEST)には返金保証も付いているため、アトピー性皮膚炎の治療に試してみる価値はあると思います。

もちろん、最大の目的である美肌効果やアンチエイジング効果にも非常に優れているので、まずはご自身の肌で効果を体験してみて下さい。

*2017年11月13日追記:
エイジングリペアは、エイジストにリニューアルしてバージョンアップしています。
新成分も増えています。
こちら口コミ評価を確認してみてください。
AGEST(エイジスト)の口コミ評価レビュー!エイジングリペアがリニューアル!

⇩⇩お得なAGEST(エイジスト)公式サイト

us