女性歯が痛い

ゆうこ先生ゆうこ先生

歯周病ケアで人気のシシュテックの口コミ効果やコスパを評価しました。

歯槽膿漏に良い噂は本当でしょうか?

あなたの歯の健康を大きく脅かす歯周病(歯槽膿漏)

最近では、積極的に歯周病検査を行う歯科医院も増えており、健康な歯を保つために歯周病予防するのがいかに大切なことなのかがわかりますよね。

そして、歯周病は高齢者に多いイメージがありましたが、最近では30代、40代といった若い世代でも歯周病に悩まされている方が増えていると言われています。

そこで、歯周病ケアとして開発されたのが、医薬部外品のシシュテックになります。

シシュテックは歯科用に開発されており、歯周病の予防となる歯周炎や歯肉炎の予防に最適な成分が配合されています。

先に公式サイトをチェックしたい人はこちら
詳しくは公式サイト→シシュテック

そこで今日は、シシュテックの口コミ効果やコストパフォーマンスについて迫っていきましょう!

シシュテックとは?一番の効果は何?

シシュテックは、歯医者さんのために開発された医薬部外品が配合されたマウスウォッシュになっています。

シシュテック1番の効果は、徹底した殺菌を行うことにより歯周病を予防することができる点です。

それでは、シシュテックの3つのポイントを見ていきましょう。

シシュテックのポイント1 徹底殺菌で殺菌ゼロへ

シシュテックは、多くの医薬部外品などに使用されている高級2大成分をぎゅっと配合し、さらに追加成分を配合することで、エナメル質を削ることなく、優しくオーラルケアすることができます。

そんな高級2大成分とは、

イソプロピルメチルフェノール

グリチルリチン酸2K

となります。

イソプロピルメチルフェノールは、殺菌力がある成分で、口の中の雑菌を減少させ、虫歯の発生や進行、口臭を予防してくれます。

そしてグリチルリチン酸2Kは、天草から得られる抗炎症成分となっており、歯茎の腫れと炎症を防ぎながら歯周炎、歯肉炎を予防します。

シシュテックのポイント2 歯槽膿漏予防する2つの植物成分

本当に歯槽膿漏を予防するためには、植物の力も必要です。

そんな植物の力としてシシュテックに配合されているのが、ローズマリーエキスとビザボロールになります。

ローズマリーエキスはシソ科の植物で、古くからうがい薬や浴用にも使われていた実績があります。

優れた抗菌性、抗酸化効果、消炎効果から、天然の保存料として歯周病、歯槽膿漏の予防として使用されてきました。

ビザボロールは、カモミールなどの精油に含まれるハーブ成分となっており、抗炎症作用、静菌作用に加え、天然の品質維持成分としても活用されています。

さらに安全性に優れていることから、敏感な口内によく使用されている成分です。

シシュテックのポイント3 さらに厳選した4つの成分を配合

歯周病だけでなく、口の中には様々なトラブルがありますよね。

そのため、シシュテックは、話題の4つの成分であるカモミラエキス、キシリトール、メントール、茶エキスを配合し、その他のトラブルを同時に解決していきます。

これらのポイントを全て組み合わせて開発されたシシュテックは、

歯周病の予防
歯肉炎の予防
口臭の予防
歯を白くする
虫歯を防ぐ
口腔内を浄化する
口腔内を爽快にする

シシュテックは、この7つの効果効能が期待できます。

歯槽膿漏(歯周炎)の原因や対策は?

それでは、歯槽膿漏の原因や対策についてもお話ししたいと思います。

まず歯槽膿漏を引き起こしてしまう最大の原因は、歯周ポケットの内部に付着した歯垢によって炎症が引き起こされてしまうことです。

日ごろから一生懸命歯ブラシを行っているつもりでも、歯周ポケットの掃除がきちんと行き届かないでいると、多くのばい菌が蓄積されてしまい、炎症を帯びて赤くなったり腫れたりします。

進行すると、歯を支える土台が解け、歯がぐらぐらとしてしまうため、最後は抜歯をしなければいけなくなることもあるんです。

そんな歯周病の対策方法は、

歯科医院で定期的にメンテナンスを行う。

自分自身でしっかりと歯周病ケアを行う。

この2つが挙げられます。

自分で歯周病ケアを行うのが面倒だと言う方は、1ヵ月に1度歯科医院でお掃除をしてもらうのが理想的ですが、これではお金も時間もかかってしまいますよね。

そのため、歯周病対策していくためには、毎日自分自身で歯周病のケアを行っていくのが理想的です。

そんな毎日の歯周病ケアに役立つのがシシュテックです。
詳しくは公式サイト→シシュテック

歯肉炎・口臭や虫歯予防、白い歯にも効果?

シシュテックは、歯肉炎、口臭、虫歯予防、白い歯、全てにおいて効果がある商品です。

ドラッグストアなどで販売されている通常のマウスウォッシュとは違い、シシュテックは医薬部外品がしっかりと配合されているため、口の中を清潔に保ちながら、同時に抗炎症成分によって歯周炎や歯肉炎を予防していきます。

また、シシュテックは、口腔内が清潔に保たれることにより、口臭、虫歯予防、白い歯にも良い効果を期待することができるのです。

口コミは?悪い口コミや効かない場合の対策は?

それでは、実際にシシュテックを利用されている方がどのように感じているのか、口コミをご紹介したいと思います。

口コミ1 50代女性

日ごろから歯ブラシはしっかりと行っている方ですが、数ヶ月前から急に奥歯が痛くなってしまったんです。

あまりの激痛にものを噛むことができないことで、とても怖くなって調べてみたところ歯槽膿漏の可能性が高いことを知りました。

歯槽膿漏を一体どうやって予防すれば良いのか全くわからなかったので、歯科医院で勤務経験のある友人に相談したところ、紹介してもらったのがシシュテックでした。

最初は、これで本当に効果があるのか半信半疑でしたが、毎日シシュテックを使っているうちに出血が気にならなくなり、気づいた頃には痛みもかなり引いていたんです。

このまま放置していたら歯医者さんで抜歯することになっていたと思うので、本当にありがたい気持ちでいっぱいです。

口コミ2 30代男性

虫歯の治療で歯科医院に通院していた時、歯周病を指摘されてしまいました。

正直歯周病はお年寄りがなるものだと思っていたのでまさか30代の自分が歯周病になってしまっているなんて本当に驚きでした。

先生にも、このまま放置していると70代、80代になったときに自分の歯を残すことができないと言われ、恐ろしくなって使い始めたのがシシュテックです。

面倒なのがとても苦手なのですが、シシュテックなら忙しい時でも10秒間グチュグチュするだけで終わるので、持ち運びすることができ本当に便利です。

その後の定期検診では、歯の状態がとても良くなっていると褒められました!!

口コミ3 50代女性

今までは歯槽膿漏なんて自分には無縁だと思っていましたが、ある日鏡で自分の歯を見たときに、以前よりも長くなっていることに気がつきました。

もしかしたら、、歯周病かもしれない!と驚き、家族にも相談してみたところ、急いでインターネットで調べてくれて、歯槽膿漏で歯肉が痩せてしまうと、歯が長くなる可能性があることを教えてもらいました。

そういえば、少しぐらぐらしている気もするし、このまま入れ歯になってしまうのではないかと言う不安感から、いろいろと探しているときにたどり着いたのがシシュテックでした。

実際にシシュテックを試してみると口の中がとてもスッキリし、たまに気になっていた口臭にもかなり効果がありました。

これからも積極的に続けていきたいと思っています!

【著作権上の問題により、口コミは意味を変えず書き直しさせて頂いています】

参考元:公式サイト
詳しくは公式サイト→シシュテック

シシュテックは実際にためされた方の満足度が94%を超えているだけあり、口コミ評価も非常に高いことが分かります。

それでは逆に、シシュテックを試してみて良い変化を感じることができなかった方の口コミはどのようになっているのでしょうか。

シシュテックの悪い口コミを探していると、使い方を誤っているせいで、良い変化を得られていない方がいました。

シシュテックは、1回あたり10ミリリットルを口に含み、約10秒間口をすすぐのが基本的な使い方になります。

極端にすすぐ時間が短かったり、不定期に使用していたりすると、良い変化を得られにくくなってしまいます。

そのため、朝と夜の1日2回は、最低でも10秒間しっかりとシシュテックを口に入れてすすぐようにしてください。

全成分や材料から見た!メリットやデメリットは?

続いて、シシュテックの全成分(材料)です。

[湿潤剤] 濃グリセリン、ソルビトール液、BG、ヤシ油脂肪酸アシルアルギニンエチル・DL-PCA塩、ビサボロール、カモミラエキス-1、ローズマリーエキス、茶エキス-1 [清涼剤] エタノール、無水エタノール、メントール [矯味剤] キシリトール [着香剤] 香料 [可溶化剤] POE(60)水添ヒマシ油 [保存剤] メチルパラベン [pH 調整剤] クエン酸Na、無水クエン酸 [薬用成分] グリチルリチン酸2K、シメン-5-オール

配合されている成分はこのようになっており、湿潤剤、清涼剤、矯味剤、着香剤、可溶化剤、保存剤など、あらゆる成分が配合されています。

やはり配合されている成分の中で大きなメリットは薬用成分となるグリチルリチン酸2Kとイソプロピルメチルフェノールです。

シシュテックは、この2つの成分のおかげで、エナメル質に傷をつけることなく、優しくオーラルケアを行うことができます。

そしてシシュテックのデメリットですが、清涼剤が配合されているので、爽快感が苦手な方には余計な成分に感じてしまうかもしれません。

副作用は?アレルギー体質でも使える?

シシュテックに配合されている成分にアレルギーがない場合には、アレルギー体質の方であっても問題なく使用することができます。

また、シシュテックに特に副作用はありませんが、試してみて刺激に感じてしまったり、合わないと感じた際には使用を中止するようにしてください。

安全安心で効果的な使い方や実感できる継続期間は?

シシュテックの効果的な使用方法は、しっかりと10秒間口に含むことです。

シシュテックを毎日継続して使うことにより、徐々に良い変化を期待することができます。

そして、シシュテックで変化を実感できるまでの継続期間は人により異なりますが、大体4ヶ月が目安となっているため、4カ月間は継続することをお勧めします。

妊娠中・授乳中・男女とも使える?

シシュテックは、特に妊娠中、授乳中に問題を引き起こすような成分が配合されていませんが、非常にデリケートな時期となっているので、不快感を感じるようでしたら使用を控えるようにしてください。

また、シシュチェックは男性、女性関係なく使用することができます。

ドラッグストア(薬局)でも市販?販売店はどこ?

残念ながら、シシュテックは、ドラッグストア(薬局)などリアルな店舗では取り扱いを見つけることがなかったので、公式サイトの通信販売で購入してください。

楽天・アマゾン・ヤフーショッピングなど通販での最安値はどこ?

シシュテック公式サイトを確認してみたところ、楽天、Amazon 、Yahoo!ショッピング、その他のインターネットショップではお求めいただけませんと記載がありました。

今現在購入することができる販売店は公式サイトのみになります。

シシュテック公式サイトではお得に購入することができるキャンペーンが時々実施されており、こちらを活用すると通常価格8,800円から初回はなんと77%オフの最安値で試すことができます。

2回目以降も割引が適用されるコースとなっているので、ぜひ活用してみて下さい。

また、安全性の面からも、メルカリやフリルなどのフリマアプリで転売されている商品は危険なので使用を避けるようにしてください。

正規品ではないため、各特典の提供も受けることができません。

シシュテックと他のマウスウォッシュとの違いとまとめ

マウスウォッシュは、ただ単に口臭予防として使うのではなく、歯槽膿漏予防にも役立つ商品です。

しかし、商品によっては歯槽膿漏予防できる効果に優れた成分が配合されていないものもあるため、マウスウォッシュならどれでも歯槽膿漏予防に適していると言うわけではありません。

シシュチェックは、歯周病の予防に着目した成分を配合した医薬部外品配合のマウスウォッシュとなっているため、一般的に販売されている商品とは配合されている成分が少し異なります。

歯周病は重症化していくと歯がグラグラとして抜け落ちてしまったり、歯茎に炎症を引き起こしてしまう非常に厄介なものです。

初期症状であれば、シシュチェックでしっかりと毎日歯周病ケアを行うことにより、進行を予防しながら改善していくことができます。

もちろん、シシュテックに頼るだけではなく、毎日のブラッシングやフロス、歯間ブラシなども活用して、歯を清潔に保つことも大切です。

70歳、80歳、90歳と、年齢を重ねても自分の歯を健康に残すためにも、ぜひこの機会に毎日の歯槽膿漏(歯周病)ケアとしてシシュテックを始めてみてくださいね!

シシュテック公式サイトではお得なキャンペーンが時々開催中です。

今も公式サイトでキャンペーン実施中かチェックしてみてください。
詳しくは公式サイト→シシュテック