めまい

ゆうこ先生ゆうこ先生

めまい、耳鳴りに効くと人気の漢方薬の生漢煎 苓桂朮甘湯(しょうかんせん りょうけいじゅっかんとう)の口コミ・噂・コスパを確認しましたよ。

生漢煎 苓桂朮甘湯の評判や評価に嘘はないのか、詳しく調べてみました。

めまいや耳鳴りを経験したことはあるでしょうか?

突然クラっとくる、周りの人の話が聞き取れないなどの状態に陥るため、頻繁に起こると次はいつかと不安になり、外出も難しくなります。

それ以上に厄介なのが、耳鳴りやめまいが起こる以外は、至って健康そのものに見えること。

起こったとしても、周囲には伝わりにくいため、本当に悩んでいるのかも理解されにくいんです。

めまいは実際、咳と並んで仮病の演技や言い訳に使われやすい症状。

それが余計に、周囲に戸惑いを与えているのかもしれませんが、本当に悩んでいる人からすると疑われるのは心外ですよね。

ただ風邪のように原因となるウィルスがあるわけでもないため、どのように対処していけば良いのか、そもそも対処できるのかという問題もあります。

ですが、その1手になりうるのが生薬です。

日本はもとより、世界各地で古くから体に良いとされる植物を取り入れることで、めまいや耳鳴りをケアすることができると言います。

各植物を個別に購入するのは難しいですが、漢方やサプリなどの形であれば入手しやすいですよね。

その内の1つに、ピンポイントでめまいや耳鳴りに対処してくれる生漢煎 苓桂朮甘湯があります。
詳しくは→第2類医薬品【生漢煎 苓桂朮甘湯】
なぜ良いのか、本当に生漢煎 苓桂朮甘湯にめまいや耳鳴りに効果はあるのか、その秘密を探ってみました。

生漢煎 苓桂朮甘湯の口コミは?

生漢煎 苓桂朮甘湯
まずは生漢煎 苓桂朮甘湯(しょうかんせん りょうけいじゅっかんとう)を既に試している方々の意見口コミや感想を見てみました。

・周囲の声や音が聞き取りにくいほどの耳鳴りだったけど、今では安心して会話に参加できる。

・突然のめまいがあるため消極的になりがちだった外出も、積極的に行えるようになった。

・今までは休むことでしか対処できず、スケジュールを狂わされることも多かったが、その解消に役立っている。

公式サイトより引用
詳しくは公式サイト→第2類医薬品【生漢煎 苓桂朮甘湯】
【著作権上の問題により、口コミは意味を変えず書き直しさせて頂いています】

めまいや耳鳴りはほかの手段ではなかなか解決できない、そもそも対処方法がないと諦めていた人も多いようですね。

生活そのものに与える影響も大きく、生漢煎 苓桂朮甘湯(しょうかんせん りょうけいじゅっかんとう)の利便性をありがたく思っている人の意見が目立ちます。

ただ今回紹介した例は、いずれもメーカーの公式サイトに記載があったもの。

ゆえに言い方は悪いですが、もしメーカー側で口コミの取捨選択を行っているとしたら、悪い意見がある可能性も否定できません。

評判だけでなく、成分や飲み方といった方向からも、生漢煎 苓桂朮甘湯の良しあしを見てみましょう。

医薬品の生漢煎 苓桂朮甘湯

生漢煎 苓桂朮甘湯は第2類の立派な医薬品

生薬によってめまいや耳鳴りのケアを行ってくれます。

生漢煎 苓桂朮甘湯は1日あたりの目安は3包。

生漢煎 苓桂朮甘湯は、90包が1セットになって販売されています。

生漢煎 苓桂朮甘湯の効果!めぐりを良くして悩みケア

生薬の中でも、漢方を用いているのが生漢煎 苓桂朮甘湯の特徴。

しかし取り入れている漢方の中に、めまいや耳鳴りの特効薬が存在するわけではありません。

めまいや耳鳴りが起こる原因として、生活習慣の乱れや、そのきっかけとなる過労、睡眠不足、またその結果引き起こされるストレスなどが考えられます。

また当時に、体のめぐり、血行が悪くなるのも特徴で、生漢煎 苓桂朮甘湯ではそこに着目。

血行が悪くなれば余計な水や老廃物が溜まったままになり、必要な栄養が行き渡りません。

疲れやすくなるなどますますストレスも溜まり、それがよりめぐりを妨げるなど悪循環を作ってしまうこともあるほどです。

生漢煎 苓桂朮甘湯の効果は、巡りをよくして血行をよくすることで、体の負担を軽減し、ストレスを和らげ、めまいや耳鳴りそのものも抑えていこうというもの。

全成分(原材料)は4種類の生薬

生漢煎 苓桂朮甘湯の全成分(原材料)には主に4つの生薬が入っています。

内容は茯苓(ぶくりょう)、桂皮(けいひ)、白朮(びゃくじゅつ)、そして甘草(かんぞう)です。

製品名は、生薬の名前から1字ずつとって付けられています。

めぐりの悪さと関わる状態の1つに、漢方で水滯と呼ばれる状態があります。

上でも触れた、本来排泄すべき水分や老廃物が溜まってしまうのがまさにそれ。

生漢煎 苓桂朮甘湯の4つの生薬はいずれも水滞に働きかけてくれる素材であり、結果めまいや耳鳴りに対象してくれるんですね。

公式サイトより引用
詳しくは公式サイト→第2類医薬品【生漢煎 苓桂朮甘湯】
【著作権上の問題により、意味を変えず書き直しさせて頂いています】

めまいや耳鳴り以外の解消にも苓桂朮甘湯

また同じく原因不明と考えられやすい、動悸やのぼせに対しても生漢煎 苓桂朮甘湯は効果が期待できます。

そのほか立ちくらみや頭痛、大した運動をしていないのに出る息切れ、神経症やそれほどではないにせよ過敏になってしまうケースにも生漢煎 苓桂朮甘湯はおすすめ。

いずれも周囲からはわかりにくい、部位が同じなど共通点も多いですね。

副作用も少なく安全設計

生漢煎 苓桂朮甘湯は、天然素材の漢方を採用しているため、飲むことによる副作用が少ないのも魅力。

漢方は薬のように、特定の悩みに対して役立つ素材を合わせて作るため、余計なものが入って影響する事態がないんです。

製造も国内工場で行っており、農薬の残留検査を始め、不純物の除外や品質チェックなど徹底しています。

ただし4つの生薬の中にアレルギーとなる素材が入っている方は要注意。

また生漢煎 苓桂朮甘湯は、薬ですから、別の薬を飲んでいる方は、かかりつけ医や薬剤師などに、相互作用や飲み合わせが問題ないかを確認してもらいましょう。

飲んでいる薬がめまいや耳鳴り対策であれば、せっかく処方されているわけですし、効果を見極めてからでも遅くはないはず。

別の病気や怪我などで飲んでいる場合も、そちらのケアを優先することも考えましょう。

公式サイトより引用
【著作権上の問題により、意味を変えず書き直しさせて頂いています】

赤ちゃんでも量を減らせば飲める

生漢煎 苓桂朮甘湯には年齢制限がありません。

ただし1回に1包飲んで良いのは15歳以上の成人のみ。

以降は一定の年齢ごとに細かく制限され、まず14歳から7歳のお子さんで3分の2包、6歳から4歳のお子さんが1包の半分。

そして2、3歳のお子さんが3分の1包、2歳未満の赤ちゃんで4分の1包です。

回数はどの年齢でも1日3回。

もしお子さんが悩んでいるようなら、生漢煎 苓桂朮甘湯を飲ませてあげましょう。

一方赤ちゃんもOKとはいえ、生まれてもいないお子さんへの付与、つまり妊娠中の方や授乳中のお母さんの飲用は控えてください。

出産前後は疲労も大きいでしょうが、苓桂朮甘湯でケアしても、リスクが全くないとは言い切れないからです。

どうしても必要な場合のみ、かかりつけ医に相談し、許可をもらってください。

生漢煎 苓桂朮甘湯のデメリットは即効性と相性?

メリットが多い生漢煎 苓桂朮甘湯ですが、強いてデメリットを挙げるとすれば、めまいや耳鳴りが起こっている最中に飲んで解消できるわけではないことでしょう。

また生漢煎 苓桂朮甘湯を1度飲んだら以降まったく症状が出ないわけでもなく、徐々に頻度が少なくなっていくものと考えてください。

早い方でも1ヶ月は様子見が必要です。

その上で生漢煎 苓桂朮甘湯の効果が出ないようなら、一旦ストップして、改めて医療機関に相談することをおすすめします。

きちんと診断してもらって、生漢煎 苓桂朮甘湯の効果が出ているのかを確認してもらいましょう。

生漢煎 苓桂朮甘湯は、体のめぐりケアという、多くの方に該当しそうな対処方法ではありますが、やはり個人差はあります。

実はめぐり自体は問題ないケースもあるでしょうから、自分には生漢煎 苓桂朮甘湯が合わない可能性も出てくることは理解してください。

生漢煎 苓桂朮甘湯を飲む時は食事から判断

生漢煎 苓桂朮甘湯を飲むタイミングは、食前あるいは食間です。

食間とは、例えば朝食と昼食の間というように、1回の食事を終えてから次の食事までの間のこと。

目安としては食後2~3時間ほどと考えてください。

食前を含んでいるのは、夕食から翌日の朝食までの食間が、睡眠中と被ってしまうからかもしれませんね。

ゆえにイメージとしては食前で、昼食前、夕食前に飲む場合は直前の朝食及び昼食から2、3時間経過しているかを確認すると良いでしょう。

もしどうしても食事のペースが乱れがち、抜くこともある人は、次に生漢煎 苓桂朮甘湯を飲むのは前回の6時間後とするのがおすすめ。

例えば朝7時に飲んだら次は13時、その次は19時という具合に続けてみましょう。

ちなみに本来は食事をするつもりだったけど、忙しくて抜いてしまった場合は、その予定時刻の2~3時間後という飲み方も可能です。

生漢煎 苓桂朮甘湯は類粒タイプなので、水なしでそのまま飲めるのも魅力ですし、個包装ゆえ外出時に持参できるので、飲み忘れを防ぐこともできますね。

初めての方限定で半額以下の最安値

生漢煎 苓桂朮甘湯(しょうかんせん りょうけいじゅっかんとう)を公式サイトから注文すると初回のみ半額以下の最安値で提供してもらえます。

送料が発生しますが、それも700円(沖縄などは1200円)なので、定価未満なのは変わらず。

加えてより便利な生漢煎 苓桂朮甘湯の定期購入も存在します。

生漢煎 苓桂朮甘湯は、定期にすることで送料は毎回無料となり、支払いに関わる手数料も不要。

発送に関しても日時の指定が行えるほか、休止や解約はいつでも自由に行えます。

生漢煎 苓桂朮甘湯の定期購入は毎月1箱と3ヶ月ごとに3箱のコースの2通り。

初回購入に限っては毎月1箱の方がお得ですが、2回目以降の割引は3箱ごとの方が安く設定されています。

生漢煎 苓桂朮甘湯は長く利用すれば初回分の差も埋めることができますから、続ける人ほど3箱おまとめ定期コースの方がお得。

初回の値段だけは上で触れたように都度購入でも半額以上の割引があるので、不安な方はまず1箱だけ試し、良いと思ったら定期コースで続けるのもありですね。

ちなみに最初から生漢煎 苓桂朮甘湯の3箱おまとめ定期コースを選ぶと、プレゼントとして同メーカーで販売しているロスミンリペアクリームホワイトがプレゼント。

ロスミンリペアクリームホワイトは、シミや小じわのケアに良いと評判のクリームなので、見た目にも悩んでいる方は試す価値あり。

生漢煎 苓桂朮甘湯の都度購入や1ヶ月ごとの定期コースでスタートしている場合はもらえない可能性があるので、気になるようなら3箱コースで始めましょう。
詳しくは公式サイト→第2類医薬品【生漢煎 苓桂朮甘湯】

苓桂朮甘湯はたくさんある点に注意

生漢煎の苓桂朮甘湯はほかのインターネットショップでも売っておらず、薬局やドラッグストアでの販売も確認できませんでした。

しかしただの…というと変かもしれませんが、苓桂朮甘湯という名前の製品はたくさん存在します。

生漢煎に比べて全てが悪いとは断言できませんが、もし値段などの理由でそちらを購入しようと思っているなら、以下の点に注意してください。

まずは医薬品としての分類。

そもそも医薬品ではない製品は論外としても、生漢煎と同じ第2類に属するものかどうか

認定されているか否かの違いだけでも、効果の信頼性は違ってきます。

また苓・桂・朮・甘それぞれの分量も可能ならチェック。

生漢煎の場合は1日分3包の中に、茯苓3g、桂皮2g、白朮1.5g、そして甘草が1g入っています。

ほかの製品も1日分で見たときに、生漢煎以上の量が入っているかどうか。

いくら安かったり入手しやすい場所で販売しているとしても、量を減らされていては効果も期待できないのではないでしょうか?

さらに製品の形状にしても、大きな錠剤だったら飲みにくい人もいるはず。

類粒タイプが良いかは個人個人で違うかもしれませんが、せめて自分が飲みやすい方法であることは、確認してくださいね。

飲みやすく分量もバランスがよく効果が高い!と人気なのが生漢煎の苓桂朮甘湯です。

生漢煎 苓桂朮甘湯のまとめ

自分自身も辛いですが、周囲に迷惑をかけかねないのも、めまいや耳鳴りの問題点。

ゆえにきちんと対処したいと思っていても、具体的な案が思い浮かばない方も多いかもしれません。

原因としては体のめぐりと、そのきっかけである生活習慣の乱れなのですが、習慣となっている行為はいかに悪いと言われても、そう簡単には正せないもの。

生漢煎 苓桂朮甘湯(しょうかんせん りょうけいじゅっかんとう)は、めまいや耳鳴りに効果がある巡りサポートをしてくれる医薬品です。

4種類の生薬で、体内で滞っている水、水分だけでなく老廃物などを排泄しやすくしてくれ、同時に必要な栄養を吸収しやすくしてくれます。

めまいや耳鳴りはもちろんのこと、頭痛など、ほかにもいくつかの似た悩みに対しても生漢煎 苓桂朮甘湯はおすすめ。

ただ同じ素材を使った同名の製品がたくさんあるので、ほかが良いと思ってしまう方もいるでしょう。

その際は単に価格だけでなく、素材の含有量や品質など、真に良いものかをきちんと確かめることが大事。

生漢煎 苓桂朮甘湯なら製造過程などを見るに、クリアできていると言って良いです。

わけもなく現れるめまいや耳鳴りとはもうさよなら。

生漢煎 苓桂朮甘湯で、気兼ねなく行動できる毎日を過ごしましょう。

⇩⇩お得なキャンペーン中の公式サイトはこちら

第2類医薬品【生漢煎 苓桂朮甘湯】