薬剤師の本音,本当の健康,薬とサプリ,

薬剤師の本音:本当の健康

澄肌漢方堂(すはだかんぽうどう)の副作用と安全安心な飲み方のコツ

 

澄肌漢方堂(すはだかんぽうどう)の副作用と安全安心な飲み方のコツ

皮膚炎で辛い思いをされている方は多いと思います。

人は、痒みが一番辛く耐えがたいものだと医師から聞いたことがあります。

痒いのを我慢することは辛いけれど、痛みの方が人間は我慢できる、だから痒みを痛みに変えるために、かいてしまうのだそうです。

そうは言うものの、かいて痛みに変わり、少しは楽になるのかもいれませんが、痛みも辛いですし、傷も残ってしまいます。

また、その傷が原因となって新しい皮膚炎を招くことも十分にあります。

私の子供の話になりますが、アトピーもちで、ある冬あかぎれになり、市販の保湿剤を塗って様子をみたのですが、一向に治る気配はなく、どんどん悪化していくので皮膚科を受診すると、普通の肌の人にとっては「たかがあかぎれ、すぐに治る」ものかもしれないけれど、アトピーのある人にとって、それが引き金になって炎症を起こしてしまうのですよと医師から説明がありました。

処方された軟膏を塗ると改善されてはいくものの、なかなか完治には至りません。

どうしたものかと、あれこれ調べていると「澄肌漢方堂」にたどり着きました。

澄肌漢方堂(すはだかんぽうどう)の口コミ!アトピー改善効果は本当?
澄肌漢方堂は、皮膚炎に効果的な生薬などがブレンドされていて、開発された医薬品です。

副作用を考えて、安心安全な飲み方のコツですが、それは正しく服用することです。

6歳以上であること、1回3〜5錠を1日2〜3回、水かぬるま湯で服用するということを守ることが大切です。

早く効果を得たいからと、たくさん飲むことは決してしないでください。

他にも、漢方薬や医薬品を既に飲んでいる方は、飲み合わせに注意が必要ものもあるので、公式サイトで確認をしてください。

また医師や薬剤師に相談のうえで服用すると尚、安心ですね。
公式サイト↓


 

タグ : 

澄肌漢方堂(すはだかんぽうどう)

この記事に関連する記事一覧