薬剤師の本音,本当の健康,薬とサプリ,

薬剤師の本音:本当の健康

頭痛薬の害と頭痛改善法

 

頭痛薬の害と頭痛改善法についてです。

薬剤師時代の思い出ですが、頭痛薬が毎日たくさん出ていました。

どっさりと持ち帰る患者さんがいっぱいです。

病院からは、副作用の胃痛を予防するために胃薬を一緒に処方されることも多いです。

頭痛薬は、鎮痛消炎剤とも言われます。

頭痛薬は、どれも続けて飲むと習慣性が出てしまいます。

知人で、ノーシンが手放せない人もいました。

セデスが必須な人もいました。

セデス中毒とか有名ですね^^;
手放せなくなるんです。
*セデスGなどは腎毒性のために2001年に製造中止になりました。

ロキソニン、ボルタレンを常用している人も多かったです。

薬は副作用があるのが普通です。

鎮痛消炎剤は、その上習慣性まででやすいです。

鎮痛消炎剤の本来の目的は、頓服で使うものです。
毎日、常用すべき薬ではないんです。

たまたま頭痛がする時に、どうしてもすぐに治さないといけない状況の時、飲むのに最適なのが、頭痛薬です。

それなのに、そのまま毎日のように飲み続けて頭痛薬の影響での薬物乱用頭痛になって悪循環になる方が多すぎます。

薬局や病院の窓口で飲み過ぎないように注意しながら処方箋に従って出す日々でした。

頭痛薬依存になっている悪循環から抜け出すには、頭が痛いと思っても、すぐに薬を飲まないことです。

頭痛がするということは、体や脳を労って休みましょうと言う体からの合図です。

そして脳への栄養が不足しているとも考えられます。
十分なビタミン、ミネラルが供給できていないことが考えられます。

仕事が忙しかったりして、食事が偏っていませんか?

ビタミン、ミネラルが豊富な野菜や果物も食べていますか?
yasai2-150x150
バランスが良い食事が基本です。

なお、コーヒーなどを飲み過ぎるとカフェインの摂り過ぎで頭痛がしやすいです。

適度な量だと頭もスッキリですが、頭痛誘発だけでなくカフェイン依存症になりやすいので飲み過ぎ注意なのです。

タバコを吸っていませんか?
タバコで血液の流れが悪くなるので頭痛がしやすくなります。

頭痛持ちで喫煙している人は減煙や禁煙にチャレンジしてみてください。

ストレスをためていませんか?
ちゃんと6時間以上眠っていますか?

自分の生活を省みてください。

いろいろ改善しても頭痛が治らず、頭痛薬がほしくなる時は、頭痛改善に効果があるハーブなどでできたサプリメント「ずきしらずの実」を飲むのもいいです。

薬ではないので即効性はないですが、じんわり効果が出てきます。
ゆるやかに頭痛とサヨナラできる方向に進むわけです。

ずきしらずの実↓は、薬ではなく健康食品になるので副作用もなく、自然に頭痛改善に導いてくれますよ。
ずきしらずの実

もちろんサプリだけに頼らず十分な睡眠時間と規則正しい生活や食事も心がけるのは必須です。

 

タグ : 

薬のこと 薬剤師時代の思い出

この記事に関連する記事一覧