薬剤師の本音,本当の健康,薬とサプリ,

薬剤師の本音:本当の健康

痛風の原因と予防や対策のコツは何?

 

痛風の原因と予防や対策のコツは何?

痛風といえば多くの人がビールなどのアルコール類を多量に摂取した際に悩まされる症状で、痛みが伴うと知られているものですが、実際はアルコールだけが原因ではないのです。

痛風に悩まされる人は常に多く存在しており、その痛みから動けなくなるほどの症状が現れることもあります。

尿酸が原因で引き起こされるものですが、実際に痛風を発症している人とは別に痛風予備軍もかなり人数いらっしゃいます。

そんな痛風について、原因と対策のコツをご紹介していきます。

ー痛風とはー

痛風とは尿酸が原因で引き起こされるもので、体の痛み特に足などに激痛が走る症状がでます。

人間の血液中には常に尿酸が含まれているのですが、何らかの原因が引き金となって血液中の尿酸濃度が異常に上昇します。

その結果、尿酸が血液中に溶けきれなくなり結晶化し関節などに付着し痛みを発します。

この尿酸というのは、生活習慣主に食生活の乱れによって増加するといわれており、過度な飲酒やストレスなどにが原因といわれています。

また、ビールなどに含まれるプリン体は尿酸の原料になるため、そのプリンタ委が含まれているビールなどが痛風の原因といわれています。

しかし、実際にはプリン体はビール以外の食べ物にも含まれており、中にはビール以上に含まれているものまりますので、これが直接的な原因とはいません。

それに、摂取しなくとも体内で作り出されるものですので、やはりビールのせいにはできません。

ー予防対策のコツー

痛風の原因になることを避けられるよう、予防策をご紹介していきます。

1.おつまみなどに多い魚の乾物や魚肉類の内臓を食べ過ぎないようにしましょう。

これらは、尿酸の原料となるプリン体を多く含んでおり、尿酸の過剰生成の危険があります。

2.ストレスをためないように

ストレスをためてしまうと、体内でプリン体から尿酸が生成され結果的に血中尿酸が増え痛風の原因になってしまいますので気を付けましょう。

3.お酒は適量でがまんを

お酒はプリン体を含んでいるという点も一理ありますが、それ以上にアルコールの過剰摂取によってやはり尿酸が生成されてしまいます。

お酒を飲みすぎるとすぐにトイレに行きたくなるのは、尿酸を体外に排出しようとしするためです。

適量で我慢するようにしましょう。

ーまとめー

痛風になってしまうと、仕事に支障が出たり日常生活にも支障をきたしてしまいます。

普段から痛風にならないように予防する意識をしっかりと持つようにしましょう。

◆食事や生活習慣を改善しても、なかなか思うように痛風が改善しならないときは、白井田七(しらいでんしち)を飲むといいです。

普通の高麗人参の7倍のサポニンのパワーで血液をサラサラにして痛風など生活習慣病も改善!と口コミ評価も高いです。
白井田七(しらいでんしち)で糖尿病改善効果とその理由
痛風だけでなく、例えば、糖尿病・更年期障害・貧血・肝臓病・高血圧・高脂血症などで悩んでいる方に特に効果!と人気なのです。

最近、数値が心配かもと思ったら、白井田七を飲んでみてください。
公式サイト↓
白井田七

us

 

タグ :  

白井田七

この記事に関連する記事一覧