薬剤師の本音,本当の健康,薬とサプリ,

薬剤師の本音:本当の健康

ストレスで腹痛と下痢が辛い!改善策は?

 

ストレスで腹痛と下痢が辛い!改善策は?

ストレスをため込み続けた結果悩まされる腹痛や下痢はどのようにしたら改善できるのでしょうか。

近年ストレス社会になりつつある日本では、ストレスからくる様々な症状に悩まされる方が多くなっています。

ストレスが原因の症状の中でも比較的多くみられるのが、腹痛やそれに伴った下痢です。

人間の体の中で腸は重要な役割を果たしており、また敏感な部分のためストレスが加わることで腸に大きな負担がかかってしまいます。

そこで、今回はストレスが原因の腹痛や下痢について改善策をご紹介していきます。

—ストレスが原因で起こる腹痛と下痢とは—

人間の体の中で腸の働きが重要ということは、最近多数のメディアで紹介されていることなのでご存知方も多いかと思います。

実際腸の健康状態が、体全体の健康状態に関係しているという研究結果も出ているほど腸内環境は注目されています。

そんな腸は、実はデリケートな器官で食生活やストレスなどの心身状態の影響が出やすい部分でもあります。

そのため、ストレスを溜め続けている状態が続くと体全体が緊張状態が続き、特に腸には大きな負担がかかってしまうのです。

ストレスがかかっている間は体内の通常の機能を鎮め、外部の状況に迅速に対応できる状態を維持しようとします。

体が常に戦闘態勢を取っている状態とも言えるため、体の内部の器官は正常な働きができず疲労などに襲われるのです。

—腹痛や下痢を抑える方法—

ストレスが原因で起こる腹痛や下痢を抑えようと思ったら、根本的なストレスを無くすのが一番です。

ストレスを受けないようにする、またストレスを受けてもそれをしっかりと発散することが重要です。

しかし、実際に症状が出た場合にはストレスがない環境になってもしばらくは症状が続くことがあります。

そこで、次に気にしていいただきたいのが腸内環境の整備です。

腸内環境を内側から整えることで、より腸の緊張状態をほぐし腹痛や下痢などの症状を抑えることができます。

腸内環境を整えるのに効果的なのは、栄養バランスの取れた食事や乳酸菌の摂取です。

近年では、良い働きをする乳酸菌が多数発見されており商品として手軽に入手することもできるようになっています。

—まとめ—

ストレスが原因で起こる腹痛や下痢に対しては、腸内環境を整えることで一定の効果が期待できますが、根本原因であるストレスを無くすことを一番にしましょう。

また、あまりにも症状がひどい場合はストレスが原因で病気を引き起こしている可能性もありますので、最寄りの内科・消化器科に行くことをお勧めいたします。

◆なお、病院に行くほどではないと思うけど、なかなか下痢体質が改善しないで下痢が続くときは、黒梅日和(くろうめびより)を飲んでみてください。

ストレスが原因の過敏性腸症候群の方も、黒梅日和でお腹が回復したという口コミも多いからです。

下痢だけでなく腸内改善で下痢体質の根本的な対策にもなる!と評価が高く人気です。
黒梅日和(くろうめびより)の口コミ!下痢対策サプリって本当?
ただ妊娠中や授乳中には、成分のガジュツ(紫ウコン)が少しだけ強く作用するので控えた方がいいです。

しかしそれ以外の男女でしたら大人だけでなく子供や高齢者も安心して飲める自然素材からできています。

そして子供や高齢者は効果を実感しやすいので、少なめの2〜3粒から試すと安心で効果的です。
公式サイト↓
黒梅日和

u

 

タグ :  

病気 腹痛・胃腸の不具合 黒梅日和(くろうめびより)

この記事に関連する記事一覧