薬剤師の本音,本当の健康,薬とサプリ,

薬剤師の本音:本当の健康

パーキンソン氏病の予防法と注意したいこと

 

パーキンソン氏病とは、大脳の基底核にある線条体という部分に異常が起こり、ふるえや筋肉のこわばりのせいで、体や表情が思い通りに動かすことができなくなる病気です。

現時点ではパーキンソン氏病のはっきりとした原因は特定されていないものの、ドーパミンという神経伝達物質の減少、遺伝的要因、生活環境、ストレスなどが引き金となっているのではないかと考えられています。

パーキンソン氏病になると日常生活の注意点がいくつかあります。

まず、食道の筋肉の動きが鈍くなるので食事をのみこみにくくなることがあります。

そして、入浴やトイレなど狭い場所での動作がとりにくくなり、急に動けなくなるなどのリスクがありますので、動きやすいように手すりをつける必要がでてくることがあります。

このように、パーキンソン氏病になると、日常生活でちょっとした工夫が必要になってきます。

しかし、パーキンソン氏病は、40代以降に多く発症すると言われているので、できるだけ早めに予防に取り組むのがおすすめです。

では、どんな予防法があるのでしょうか。

パーキンソン氏病の予防に有効とされているのは運動です。

しかも、ウォーキングなどの軽い運動ではなく、水泳、テニス、ランニングなどある程度体に負荷のかかる運動が良いとされています。

また、1日2〜3杯のコーヒー(カフェイン飲料)も予防に効果があることがわかってきたそうですよ。

そして、冒頭でもご紹介した神経伝達物質の「ドーパミン」、これは別名「幸せホルモン」とも呼ばれ、幸せを感じているときに脳の中にたくさん分泌されます。

趣味でもなんでもいいので、楽しい、幸せだと感じることを、たくさんおこなって、ストレスを軽減し、ドーパミンを増やしていきましょう。

また、パーキンソン氏病は遺伝的要因も少なからずあることをご紹介しました。

そこで、最後に有効な予防法の一つとして遺伝子検査を挙げておきたいと思います。

遺伝子検査マイコードは、唾液を採取して返送するだけで遺伝子を解析して、検査するサービスです。
遺伝子検査MYCODE(マイコード)はどんな内容なの?→マイコード

将来かかりやすい可能性の高い疾患を自分なりに把握することができるので、自分はパーキンソン氏病になりやすい体質なのかどうかをざっくりと知りたい場合は、一度試してみるのもおすすめです。

公式サイト↓
女性向け遺伝子検査キット

 

タグ :  

マイコード 病気 遺伝子検査

この記事に関連する記事一覧