薬剤師の本音,本当の健康,薬とサプリ,

薬剤師の本音:本当の健康

お尻がザラザラ・ブツブツ・イボかも!原因と予防や対策は?

 

お尻がザラザラ・ブツブツ・イボかも!原因と予防や対策は?

お風呂で体を洗っているとき、お尻に手を当てるとザラザラした感触がしたことはありますか。

お尻にイボのようなものができてしまっている方は結構いらっしゃいますが、ほとんどがニキビである可能性があります。

また、女性には孔性苔癬(もうこうせいたいせん)というものができやすく、こちらは毛穴が詰まってぶつぶつになる皮膚の疾患である人もいらっしゃいます。

そこで、今回はお知りにできるザラザラについて、原因と予防をご紹介していきます。

―お尻のニキビ―

普段デスクワークなどで長時間座ることが多い方や、お尻が圧迫される状態が続く方は特にお尻にニキビができやすい傾向にあります。
どのような方でも、座っている状態でお尻が圧迫されるのは変わりないので、ニキビができてしまう可能性はあります。
圧迫されているときに皮脂が毛穴につまり、ニキビになるのですがそのほかにもお尻は蒸れやすいことや、不衛生な環境になっている場合がありますのでこれらも原因の一つと考えられます。
また、孔性苔癬(もうこうせいたいせん)というものもあり、こちらは比較的女性に多く毛穴が詰まってできる皮膚の疾患です。
ニキビと違い自然に治りにくいと言われていますが、健康上問題がないので気にならない程度でしたら放置してかまいません。

―お尻のニキビの予防・改善―

多くの人が悩まされる、お尻のニキビについて予防と改善法をご紹介します。

意外ときれいに洗えていないことが多いので、日常的に意識してきれいにしてあげるようにしましょう。

そして、椅子に座るときなどはできるだけ柔らかく、通気性が良い椅子に座れるとよいのですが、椅子を選べる場面は少ないのでこまめに席を立つなどの工夫をしましょう。

すでにできてしまったお尻のニキビを改善するためには、洗顔用のピーリングを使ってみるのも一つの手です。

ただし、赤くなっている場合は行わないようにしましょう。

予防法を実行したうえで、ニキビの薬を使うのも効果的ですし、顔のニキビを改善するのと同じで栄養をしっかり摂取することで内側から改善することも可能です。

なにより、清潔に保てるように意識してみましょう。

―まとめ―

お尻にできるザラザラしたイボのようなものはニキビである可能性が高いです。

予防を心得たうえで、すでにできてしまったものは改善できるよう顔のニキビに対してのケアと同じように向き合ってみましょう。

◆いろいろ注意してもイボやポツポツが改善しないときは、艶つや習慣を塗ると効果的です。

ハトムギエキスと杏エキスの力でイボやぶつぶつ・ぽつぽつを改善に導きます。

艶つや習慣で顔でも首でもデコルテ、二の腕、おなかでも、すべすべになりますよ。

口コミでも人気です。
艶つや習慣(つやつや習慣)の口コミ

us

 

タグ :   

艶つや習慣

この記事に関連する記事一覧