薬剤師の本音,本当の健康,薬とサプリ,

薬剤師の本音:本当の健康

尿検査がマイナスでも糖尿病になることもある理由

 

尿検査がマイナスでも糖尿病になることもある理由

糖尿病は、名前から尿に糖が出る病気というイメージがありませんか?

尿糖が出ても糖尿病ではない場合もありますし、尿糖が出なくても糖尿病である場合も十分にあります。

尿検査のみで、糖尿病の発見が遅れて合併症を併発するリスクもありますので、正しい検査を受けることが大切です。

知人が、尿に糖がでていなかったのに、実は10年以上軽い糖尿病状態だったために、糖尿病の合併症である糖尿病性網膜症になってしまいました。

目が不自由になったあとに医師が糖尿病に気づいたという話でした。

もう30年以上前なので、今はそんなことはないとは思いますが、尿糖がマイナスだからと安心はできないという話です。

血液検査で、診断可能です。

血糖値が高い状況がずっと続くのが糖尿病です。

血糖値だけでなく、HbA1cという1ヶ月くらいの血糖コントロールの値も見ることで糖尿病だと判明します。

一時的に血糖値が高くても糖尿病とは言わないわけです。

ただ、境界型糖尿病という言葉もありますね。

正常とはいえないけど、糖尿病とまでは言えない状態です。

リスクを考えると糖尿病予防を意識した方がいいです。

昔は、糖尿病の検査は尿糖試験紙というものを使うのが主流でした。

しかし、それだけでは不十分であることが多々あります。

ですから、今は血液検査で血糖値を検査するのが主流となっています。

筆者の家系には糖尿病の人はいませんが安心はできないです。

日本人の4人に1人は糖尿病になる危険性があるからです。

昔と今とでは食生活も大きく変化していますし、私も将来的に糖尿病にかかるリスクがゼロというわけではないと認識し、食事や運動など気を付けるようにはしています。

主人の母が数年前に糖尿病であることがわかり、定期的に通院し投薬治療をしています。

それまで運動は嫌いで、近くの買い物でも歩かないで車を使っていましたが、最近では毎日のウォーキングを日課にしているそうで、薬と運動と食事で血糖値のコントロールをしているようです。

ということは、主人は家系的に糖尿病にかかるリスクが高いわけです。

子供も少なからず将来糖尿病にかかるリスクがあると思うので、小さい時からの食生活を正しくしなくてはならないと気を付けています。

さて、糖尿病にかかると、経口糖尿病薬やインシュリンなどが必要になってくることもあり、副作用もあります。

年齢を重ねるごとに糖尿病の人は多く、職場でも糖尿病の上司は多くいたりします。

糖尿病は、合併症や、副作用等もあり、予防したい生活習慣病の1つです。

隠れ糖尿病という言葉もありますね。

糖尿病予防には、食事や運動など日常の心掛けも大切ですが、更に心配な方は、アラプラス糖ダウンは、いかがでしょうか?

これは高血糖の方や隠れ高血糖の方に人気のサプリメントです。

血糖値を下げるという他のサプリメントと違い、糖分を体内でエネルギーに変換する働きがあります。

高血糖だと思われる方、是非お試しください。
ダイエット効果も高いのも人気です。
アラプラス糖ダウンの口コミ!血糖値効果とは?
公式サイト↓

また、遺伝子レベルで糖尿病になる可能性や他の病気のリスクを知るために、マイコード遺伝子検査というものもあります。

自宅で簡単に検査ができるので、人気もありますし、オススメです。
遺伝子検査サービスMYCODE(マイコード)の口コミと評価

将来、自分がかかりやすい病気がわかることで、自然に防ぐこと、発症しても重症化を防ぐ意味でも、マイコード遺伝子検査は良いと思います。

公式サイト↓
女性向け遺伝子検査キット

 

タグ : 

病気 糖尿病 遺伝子検査

この記事に関連する記事一覧