薬剤師の本音,本当の健康,薬とサプリ,

薬剤師の本音:本当の健康

狭心症とは?原因と予防と改善のコツ

 

日本人の死因でも上位に上がる心臓関連の症状。

あなたは自分には関係ないと思っていませんか?

狭心症は何気ない日常の中で、突然あなたを襲うかもしれない恐ろしい症状なのです。

少し胸が痛い。そう感じたとき、思い過ごしだと思うのは危険です。

狭心症の症状は時としてより危険な状態を知らせていることもあります。

そんな狭心症について予防法などを紹介します。

ー狭心症とはー

狭心症とは、心臓や胸のあたりが急に痛くなるという症状のことです。

原因は様々で、たばこや飲酒などの物理的要因に加え、ストレスや疲労などの精神的要因も大きいようです。

ストレスを感じると、人間の体は常に緊張状態を保とうとします。

緊張状態を保つ間、負荷が大きくかかっているのが心臓なのです。

日常生活で心臓のある胸あたりが急に締め付けられるように痛くなったりと、気になることがあれば早めに病院に行きましょう。

大きな病気が隠れている可能性もあります。

ー狭心症の予防ー

狭心症は生活習慣を見直すことで予防できます。

突然胸が痛くなると不安になります。

そうなる前に、予防法を実践しましょう。

1.適度な運動を行う

適度な運動を行うことで、血管を元気に保つことができます。

もちろん、メインは心臓を鍛えることですがそれと同時に血管への適度な負荷が大切です。

日頃から運動を行っている方は心臓病のリスクが少なくなることが期待されているのです。

2.禁煙し飲酒は適量

煙草を吸うのはどうしても心臓関連の病気を引き起こしてしまうもとになります。

そこで、たばこに関してはぜひとも禁煙をおすすめします。

飲酒は、飲みすぎないように注意することが重要です。

3.栄養バランスのいい食事

栄養をしっかりと考えて摂りましょう。

特に、たんぱく質や必須アミノ酸を始め体に必要な栄養を摂ることで、心臓のみならず体を健康に保つことができます。

狭心症の原因は、直接心臓が原因ではない場合もあるのでまずは、体を元気にするように心がけましょう。

ー狭心症は病院へー

すでに、狭心症の症状がたまに出てくる方は自力で上記の予防法を実践するとともに、医師への相談も考えましょう。

医師から個人に合った適切な食生活や、生活習慣のアドバイスをもらうことができれば改善できる可能性があります。

ーまとめー

心臓周辺に症状が出たときは、かかりつけの医師に相談することが重要です。

思ってもみなかったような病が隠れている可能性があるためです。

心臓がかかわる病気は突然で恐ろしいと考える方が多いですが、実際は予兆があったり不規則な生活習慣だったりと気づく点や、改善できる箇所があります。

それを、早い段階で見つけて、対処していくことが大切です。

◆狭心症でもどんな病気も予防が一番大事です。

そこで自宅で簡単にできる遺伝子検査のマイコードを使って未来を予測すると安心です。

マイコードなら、将来、自分がどんな病気になりやすいのか?どんな体質なのか?何に注意すれば未然に防げて長生きできるのか?
などが詳しくわかります。
遺伝子検査サービスMYCODE(マイコード)の口コミと評価

口コミでも人気の遺伝子検査サービスMYCODE(マイコード)は、一生に1度だけの簡単な検査(唾液をとって送るだけ)でいろんなことがわかって、注意したいことなども、個別に指導してくれるからです。
公式サイト↓
女性向け遺伝子検査キット

 

タグ : 

マイコード 病気 心臓の悩み

この記事に関連する記事一覧