薬剤師の本音,本当の健康,薬とサプリ,

薬剤師の本音:本当の健康

更年期障害症状の頭痛の原因と対策

 

更年期障害症状の頭痛の原因と対策

更年期障害の症状によって現れてくる頭痛は、更年期の多くの方が悩まされています。

普段の生活の疲れのせいだと思って、なかなか更年期障害が原因だとは思わない人もいます。

小さな刺激を受けるだけでも、更年期障害だと頭痛が起きてしまうことがあり、その頭痛の種類も様々です。

薬で抑えても、またすぐに頭痛に襲われるということも少なくなく、体質を改善していく必要があるかもしれません。

そんな、更年期障害によって現れる頭痛について原因と対処法をご紹介していきます。

ー更年期からくる頭痛の原因ー

更年期障害によって引き起こされる頭痛の原因として主なのは、エストロゲンの減少によるホルモンバランスの乱れです。

さらに、自律神経のバランスも崩れ様々な場面で些細なことでも刺激に感じてしまうようになります。

脳への血液の供給が乱れており、頭痛に悩まされやすい状態になっているのです。

また、病院で検査を行っても特に異常はなく普通の片頭痛などの症状と同じ扱いをされます。

更年期障害の場合、このホルモンバランスの乱れが大きく影響しており、日常生活の場面でも急な頭痛に襲われてしまうのです。

ー対処法ー

それでは、実際にその頭痛の対処法をご紹介していきます。

1.筋肉を使うようにする

特に首や肩周辺の筋肉が硬直しいる状態では、脳への血液輸送が行いにくく頭痛の原因になりやすくなります。

筋肉を使って、ほぐしておくことで血液の循環が良くなり頭痛の症状が減ると考えられます。

2.安静にする

頭痛の原因として、些細なことでも敏感に感じ取ってしまうことが挙げられます。

そのような刺激を一切受けないように静かで落ち着ける場所でしばらく安静にする時間を作りましょう。

こうすることで、脳に余計なストレスを感じさせることがなく頭痛の回数も減ることが期待されます。

3.ゆっくりと入浴し体を温める

お風呂は半身浴でゆっくりとじっくり体を温めるようにしましょう。

体を温めることで、血液のめぐりが良くなり脳への血液供給もスムーズになることで頭痛の改善につながります。

また、お風呂に浸かることで筋肉がほぐれるのでこちらの点でも効果的です。

さらに、安静に静かにする場所としてお風呂場は最適なので、この点までを考慮するとすべての効果を持った一番おすすめの対処法かもしれません。

ーまとめー

更年期障害の症状として多くの人が悩まされている頭痛ですが、その原因を知りしっかりと対処することで症状を減らしたり緩和したりできます。

疲れのせいにするだけでなく、原因がどこにあるのかをしっかりと考えたうえで、それにあった対処法を実践してみてください。

ただし、頭痛が更年期障害からくるものではなく他の病からくるものの可能性も考えられますので、続くようであれば病院に行ってみることもおすすめします。

◆病院にいくほどではないけど、頭痛をもっと改善したいと思うときは、ずきしらずの実を飲むといいです。

偏頭痛や頭痛を解消するハーブエキスのフィーバーフューなどがメイン成分の頭痛改善サプリメントだからです。

更年期障害に伴う頭痛解消にも役立つ!と口コミ評価も高いサプリメントです。
ずきしらずの実の気になる効果と口コミ

ずきしらずの実を飲むことで更年期の頭痛や頭重感も軽くなって楽になりやすいです。
公式サイト↓
ずきしらずの実

u

 

タグ :  

病気 更年期障害

この記事に関連する記事一覧