薬剤師の本音,本当の健康,薬とサプリ,

薬剤師の本音:本当の健康

更年期障害とは?症状の予防や改善のコツ

 

更年期障害についてご存知でしょうか?

更年期障害とは、40代~50代頃から体が衰えてくることです。

体に様々な変化が表れてくるため、年を取ったと感じやすくなります。

また、病気などというわけではなく純粋に年を取って体が衰えているという状態でもあります。

様々な症状がありますが、これらを予防したり改善したりする方法があります。

今回は、そんな今からできる予防法や、すでに気になり始めている方への改善法をご紹介します。

ー更年期障害とはー

冒頭の説明を少し詳しく紹介します。

更年期障害とは40~50代ごろから体に様々な症状が現れることです。

例えば、女性だと月経不順(閉経)男性だと多汗症や加齢臭など。

更年期障害がもとで精神的な病にかかってしまったりする場合があります。

うつ病なども典型的な精神疾患の一つです。

基本的に原因は、年を取り体が衰えてきているためです。

ー予防するコツー

更年期障害は予防することが大切です。

体をできるだけ老化させないように意識すれば予防につながるのです。

1.運動

適度な運動を取り入れましょう。

毎日朝や夕方ジョギングをする習慣をつけたり、週末はスポーツをしにいったり。

体をしっかり動かすことが重要です。

有酸素運動ができればなお良いでしょう。

2.睡眠

まだ更年期障害に悩まされてないという方は、今から睡眠に気を付けてみましょう。

人間の体は睡眠中に修復されます。

その修復時間をしっかりと確保することで、体の老化を防げます。

3.食事

食事を栄養バランスよくしっかりと食べましょう。

特に、野菜類や肉類はしっかり摂るようにしてください。

人間の体にたんぱく質は必須ですし、そのたんぱく質を助ける様々な栄養が野菜には含まれています。

この3つは、とても大切で皆さんご存知の方も多いと思いますが、実際かなりの方がどれか抜けています。

更年期障害に悩まされる人はこれらがきちんとできていないことが、最大の原因になっているのです。

ー改善法ー

すでに更年期障害に悩まされているあなたは、先に上に書いた3つを改善してみてください。

日常生活をとにかく健康的にすることが最重要課題です。

1.お風呂にゆっくり入る

お風呂は体全体の血行をよくしてくれたりと様々な効果があります。

体内の老廃物を取り除いたり、汗をかくことで汗腺を刺激できます。

2.積極的にたんぱく質やアミノ酸を摂る

体が老化してくると体内で栄養が吸収されにくくなります。

そこで、必要なものを積極的に外から取り入れましょう。

必須アミノ酸は特に不足しがちなので要チェックです。

ーまとめー

更年期障害はまず予防することが最優先です。

ならないように日常の生活を見直し、しっかりと健康的な生活にしてみてください。

年を取るとあらゆるものが不足しがちなので気を付けてみてくださいね。

◆食べ物だけでなく、サプリも使って肝臓を元気にしたい!と思う方には、白井田七(しらいでんしち)が口コミでも人気です。
白井田七(しらいでんしち)で糖尿病改善効果とその理由
高麗人参よりサポニンが豊富なので血液サラサラにして抗酸化作用も高いと評価も高いです。
白井田七公式サイト↓
白井田七

 

タグ : 

病気 更年期障害 白井田七

この記事に関連する記事一覧