薬剤師の本音,本当の健康,薬とサプリ,

薬剤師の本音:本当の健康

記憶喪失の真実!帰巣本能と睡眠の話

 

記憶喪失と帰巣本能と睡眠の話です。

もう今から30年前くらいの薬剤師時代の思い出話です。
当時私は精神病院で薬剤師として働いていました。

薬剤師は私だけだったので
外来の看護婦さんと一緒の部屋で
外来患者さんの話相手もしていました。

Drは3名いらっしゃったんですが
特に副院長先生が、いろんなお話をしてくださっていました。

そんな中で一番印象的だったのは
記憶喪失の患者さんの話です。

ドラマでは、記憶喪失になって
見知らぬ土地で暮らしていた話とかありますが
先生に言わせると「それは嘘」ということです。

なぜかというと
人間にも帰巣本能があるから
記憶喪失になって記憶がなくなっても
家には必ず戻るからそうです。

ただ、自分の名前も家族も何も思い出せなくなるのは本当だそうです。

ものすごくショックなことがあると
一瞬で記憶がなくなることもあるんだとか。

そして脳波を測ると
寝ている状態の脳波になっているそうです。

なんとも不思議です。

寝ている脳波で歩き回っているわけですね。

実際、私も一度だけ、外来で
記憶喪失の患者さんを見かけたのですが
なんというか、ふわふわとして
不思議な雰囲気の方でした。

その方は、愛人とホテルで密会中に
何かショックな出来事があって
そのまま記憶を失いつつも自宅には戻っていました。

しかしすべてを忘れていたんですが
奥さんと一緒に発見した愛人5人との
克明な日記スケジュールを見つけて
どういう経緯で記憶がなくなったのかが

わかったそうです。

なぜ、そんな日記を書いていたのかというと
おそらく5名と一度に付き合うのは
時間のことなど覚えきれないから、
詳しくつけていたんでしょうね^^;

その後、夫婦関係がどうなったかは
わかりませんが、しばらくは
仲良く?外来で通院されていました。

ものすごく女好きなようで、女性を見ると
記憶喪失にもかかわらずというか
寝ている脳波なのに、話しかけていましたよ^^;

薬は、心を安定させるデパスのみでした。
あとは、カウンセリングがメインだったみたいです。

脳が回復したら記憶も自然に戻ることが多いそうです。

数ヶ月後には、回復されたようです。

私が接した方は、精神的なショックで
すべての記憶を失っていらっしゃいましたが
部分的に記憶喪失もあるみたいです。

心だけでなく外的な脳の怪我などでの記憶喪失も多いです。

あまりに忙しかったりして
睡眠が十分にとれなかったりしても
記憶に障害がでるそうです。

熟睡することで記憶もクリアになるんでしょうね。

コーヒーや紅茶や緑茶はカフェインを含むので
目が覚めやすくなりますから寝る前には飲まないように注意です。

代わりに温めた豆乳や牛乳や
カモミールティーなどを飲むと
リラックスできて眠りやすくなります。
tea

それでも眠れないと悩む時は、副作用が多い睡眠薬ではなく
睡眠サプリを飲む方が自然で効果的だと私は思います。

私がいいなと思う睡眠サプリというか休息サプリは北の大地の夢しずくです。

液体ですが持ち運べるように1回分ずつスティック状なのが便利なのです。
ぐっすり熟睡には!北の大地の夢しずく

あとは体が冷えないように注意して
眠くなくても横になるのも脳が休まるのでおすすめですよ。

 

タグ :  

薬剤師時代の思い出

この記事に関連する記事一覧