薬剤師の本音,本当の健康,薬とサプリ,

薬剤師の本音:本当の健康

筋トレ時にプロテインではなくhmbサプリが最近人気なのはなぜ?

 

筋トレ時にプロテインではなくhmbサプリが最近人気なのはなぜ?

美しく鍛え挙げられた筋肉の維持に欠かす事の出来ない筋トレ。

最近では、男性だけでなく女性も体系維持のために筋トレに励んでいる方も多いと聞きます。

筋トレの効率をアップさせ、美しい筋肉を作るために不可欠だと言われていたプロテインですが、最近ではプロテインよりもhmbサプリと言うものが大変人気なんだとか。

もう知っているけど飲んだことはない、hmbサプリというものを聞いたことが無い、そんな方のために、今回はhmbサプリとはどのようなものなのか、プロテインとの違いや、なぜhmbサプリが注目されているのかを調べてみました。

筋トレにプロテイン

筋肉をつけるため、筋肉の維持のため、ハードな筋トレに日々励んでいる方は、必ずと言っていいほど飲んでいるのがプロテイン

ハードな筋トレでなくても、ジムなどで体系維持や健康のために筋トレをしている方も、プロテイン愛飲者は多いそうです。

セットのように言われている筋トレとプロテインですが、なぜ筋トレをしている方はプロテインが必要なのでしょうか?

ただ単に、筋肉を作る材料だからと思って、よくわからないけど飲んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

まずこの項では、筋肉とプロテインの関係について詳しくお話ししていきたいと思います。

筋肉を効率よく鍛えるため、筋肉をつきやすくするために必須だと言われているのがたんぱく質です。

筋肉だけでなく人間の髪の毛や皮膚などの組織のほとんどがたんぱく質で形成されています。

人の体は水分が最も多いと言われていて、だいたい65%〜70%が水分だそうです。

次いで多いと言われているのがたんぱく質で、15%〜20%がたんぱく質だそうです。

そもそもたんぱく質は、人間の体に欠かせないものなのです。

通常の生活を送っている方でも、毎日のたんぱく質摂取は非常に重要なのですが、さらに筋肉をつけるためのトレーニングをしている場合は、通常以上のたんぱく質摂取が必要になります。

どの程度のたんぱく質が必要かと言うと、通常の生活を送っている方の場合で、【ご自身の体重×1グラム】要するに、体重50キロの方の場合50グラムのたんぱく質摂取が必要になります。

筋トレをしている方の場合、【ご自身の体重×1.5〜2グラム】は必要だと言われているそうです。

たとえば、体重50キロで筋トレを行っている方の場合ですと、だいたい100グラムのたんぱく質を毎日摂取するのが理想だそうです。

※筋トレを行っている方で体重50キロは少ない気がしますが、説明をわかりやすくするためです。

この100グラムのたんぱく質を食品で摂る場合、下記のようになります。

・鶏のささ身(約430グラム)

・鶏の胸肉(約450グラム)

・鶏卵(約17個)

・まぐろ(約400グラム)

・納豆(約12パック)

100グラム摂取するためでも、こんなにたくさんの食品を摂らなければ、理想のたんぱく質量を摂取できないのです。

ささみ430グラムや鶏卵17個を毎日食べなければならないのは、現実的にかなりキツイと言えますよね。

これが150グラムや200グラムのたんぱく質を摂らなければならないと考えると、毎日食品から摂取するのは大変な事ですよね。

そこで、手軽にたんぱく質を摂取できるものとしてプロテインの登場です。

プロテインの場合ですと、100グラムのたんぱく質を摂取するのに飲む量は、付属のスプーンなどで決められていますが、食品から毎日摂取するよりはずっと手軽だと言えるでしょう。

中には、食事とプロテイン飲料を併用している方もいらっしゃいますよね。

また、プロテインにもさまざまな種類があり、たんぱく質が速やかに吸収されるものや、あえてゆるやかに吸収させるものなどがあります。

そして何より、これだけの食品を毎日摂取しなければならないとなると、金額的にも負担になってしまいますが、プロテインの場合低コストで続けられるのがメリットだと言えます。

筋トレをしている方達が、なぜプロテインを愛飲いているかは、その体と筋肉を維持するために必須だったからなんですね。

続いて、今回のテーマであるhmbサプリとは何かをお話ししていきます。

hmbサプリとは

hmbサプリとは【HMB】という成分が含まれているサプリメントです。

【HMB】とは【ロイシン】というアミノ酸の一種である成分が代謝された際にできる物質で、正式名称を【β-ヒドロキシ-β-メチル酪酸】と言います。

プロテインを摂取した場合、【プロテイン(たんぱく質)】→【ペプチド】→【アミノ酸(ロイシン)】このように分解されていきます。

プロテインを摂取すると、分解されて最終的にロイシンになります。

このロイシンがHMBに変化する事で、体内にしっかりと吸収されていくんです。

例えば、このHMBを3グラム摂取しようとした場合、ロイシンが60グラム必要だそうです。

この60グラムのロイシンを摂取しようとした場合、1杯15グラムと仮定したプロテインを約20杯飲む必要があるそうです・・・。

ロイシンを体内に取り込んで、実際にHMBに変化するのはわずか5%程度だと言われています。

食事から摂取するたんぱく質よりもプロテインのほうが効率よくたんぱく質を摂取できます。

筋肉を形成する場合のたんぱく質摂取はHMBに変化しないと吸収されないので、大量のプロテインを摂取する必要があるという事になります。

日本では2010年頃から販売が許可されたhmbサプリメントですが、海外では昔から愛用者が多かったそうです。

実は、ハードな筋トレを行うと筋肉中のたんぱく質が分解されてしまうと言われています。

その後に傷ついてしまった筋肉を修復しようと、成長ホルモンなどの働きで筋肉が増強されていきます。

筋トレに詳しい方なら、この現象を【超回復】と言う事はご存知でしょう。

筋肉を効率よく増強していくには、【トレーニング】→【栄養補給】→【休息】のサイクルが非常に大切です。

HMBはハードな筋トレ後の筋肉中のたんぱく質が分解されてしまう事を防ぐ効果もあるそうです。

筋肉中のたんぱく質の分解を防ぐという事は、より筋肉を増強するのに高い効果を得る事ができると言えます。

増やす+減らさない、なので筋トレの効果を最大限に引き出すことができると言うわけですね。

プロテインとの違い

では一体、プロテインとはどのような違いがあるのでしょうか。

筋肉を効率よく増強する事には変わりはなさそうですが、その他に違いがあるのかを調べてみました。

吸収の効率

HMBは、プロテインよりも早く吸収されると言われているので、トレーニング後の筋肉へ効果的にアミノ酸を届けてくれます。

そのため、筋肉量をアップさせたい方にはHBMは非常に適していると言えます。

メイン成分の違い

プロテインもHMBサプリメントも色々と種類はありますが、メインの成分が異なります。

前述したようにHMBサプリメントは主成分がロイシンやHBM。

プロテインはたんぱく質が主成分になっていることが多いそうです。

最終的にHMBに変化したものが体内に吸収されることは前項でお伝えしましたが、そのHMBをダイレクトに摂りいれる事ができるのがHMBサプリメントです。

ホエイプロテインとアミノ酸を同じ配合非で摂取した場合と、アミノ酸を減らしてロイシンを2倍配合したものを摂取した場合の筋肉中たんぱく質の蓄積量を比較した時、ロイシン2倍配合のものは、筋肉中たんぱく質を2倍以上も蓄積したと臨床データでわかっているそうです。

たんぱく質を摂取すると、分解されてロイシンになる事は前述したとおりですが、このロイシン以外の成分は筋肉増強にはあまり関係がないと言われているそうです。

飲み方の違い

プロテインと言えば、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、だいたい水などに溶かして飲むタイプのものが主流です。

都度、シェイカーに入れてシャカシャカして作るのが実はすごく面倒だと感じる方もいらっしゃるようです。

また、最近ではだいぶ飲みやすくしてあるものも多いそうですが、味がまずい、匂いが苦手なので沢山飲むことができないと言う声も。

その点hmbサプリメントは錠剤のものがほとんどですので、水と一緒に飲むだけで良いと言うのも大きな違いですよね。

また、錠剤のサプリメントなら携帯性もよく、持ち歩きも全く苦にならないので、ジムなどでのトレーニング後の補給がとても楽になりますよね。

携帯性の良さは、特に仕事帰りにトレーニングをする方から絶大な支持を得ているそうです。

この手軽さも、最近のhmbサプリメントの人気のひとつなのではないでしょうか。

hmbサプリメントのメリットとデメリット

hmbサプリメントについて、だいたいおわかりいただけたでしょうか?

そこで気になってくるのが、hmbサプリのメリットやデメリット。

まずはメリットから。

飲みやすい

サプリメントですので、前述したようにいちいちプロテインをシェイクする手間もなく、錠剤のものは水で飲むだけですので非常に飲みやすい。

吸収の速さ

HMBを直接摂取するものなので、プロテインを摂取してから体内で起こるプロセスを全部省略する事ができるので、HMBサプリで摂取するのが速くて効率も良い。

低カロリー

実はプロテインは、比較的カロリーが高め。

ムキムキのビルダーのような筋肉をつけたい方は、体重を増やしながらトレーニングをするのですが、体を絞っていわゆる細マッチョを目指したい方にはプロテインのカロリーが気になるところ。

HMBサプリメントは、プロテインよりもカロリーが低いので、カロリーを気にすることなく摂取することができます。

筋トレ初心者でもはじめやすい

さすがにプロテインまで飲むのはちょっと・・・と、思う方でもサプリメントなら気軽に始める事ができます。

実際、筋トレ初心者の方でHMBサプリメントを摂りいれてる方も多くいるそうです。

お次はデメリットを見ていきましょう。

・トレーニング上級者には効果が感じにくい

長くトレーニングを続けて、すでに筋肉がかなり出来上がっている方の場合、HMBサプリメントだけでは効果があまり感じられないという方もいるそうです。

ただし、サプリメントの効果は個人差がかなりありますので、全ての上級者の方にあてはまるわけではありません。

・ある程度の金額がかかる

プロテインもそうですが、やはりサプリメントでもお金はかかっていまいます。

とても安い!と言えるものではないので、考えてしまう方も多いようです。

・副作用は?

これはデメリットではないのですが、一応飲むものですので副作用についても調べてみました。

HMBサプリメントでの副作用などは今のところ報告はされていないそうです。

ただし、どのような有効成分にも言える事ですが、過剰摂取はよくありません

指定された用法や容量をしっかりと守りましょう。

hmbサプリを選ぶなら

hmbサプリが筋肉増強に良いとわかっても、実際どのサプリメントを選んだらよいのかわからないと言う方もいらっしゃると思います。

私が是非お勧めしたいのは【ビルドマッスルHMB】です。

HMBサプリメントとは言っても、やはり各社から色々な種類のサプリメントが出ています。

細かく言ってしまうと、国産から海外のものまで本当に様々です。

ビルドマッスルHMBをお勧めしたい理由があります。

HMB配合なのはもちろん言うまでもないのですが、そのほかにも必須アミノ酸である【BCAA】や、疲労回復に効果があると言われている【グルタミン酸】、筋肉を増強のブースターとして働いてくれる【フェヌグリーク】その他代謝アップや脂肪燃焼サポート効果がある成分まで含まれています。

余分な脂肪を燃焼して筋肉を増強してくれるのですから、最強のサポートサプリメントと言えますよね。

また、その他のビルドマッスルHMBのメリットとして以下のようなものがあります

・タブレットタイプで非常に飲みやすい事

・一日4〜8錠で良いのでコストパフォーマンスに優れている事

初回限定で90日の返金保証がついている(2016年12月末現在)

サプリメントで返金保証がつけられると言うのはなかなかできない事ですが、品質に自信があるからできる事ですよね。

・モニター調査では、約89%以上の方が効果を実感したと答えている

個人差が激しいサプリメントにおいて、89%の方が効果を実感したと答えているのはすごい事ですね。

・お得なコースが用意されている

プロテインに比べてカロリーが低い

これだけのおススメしたい理由がありますが、伝えきれない部分がもちろんありますので、是非公式サイトをご覧になってみてください。

男女ともに美しく鍛え上げられた筋肉は、誰が見ても惚れ惚れとしてしまいますよね。

男性だけでなく女性の筋トレダイエットのお供にも飲む人も多いです。

辛い筋トレをただただするだけでは、なかなか効果が目に見えなくてモチベーションが下がってしまう事も。

力強いビルドマッスルHMBを摂りいれて、是非効率的に筋トレを行ってみてくださいね。
ビルドマッスルHMBで筋力アップの口コミと気になる効果

ビルドマッスルHMBは現在公式サイトからのみ購入が可能です。

男性だけでなく女性にも人気です。
女性向け公式サイト→女性もビルドマッスルHMBでメリハリ美ボディへ

ビルドマッスルHMB公式サイト↓
3023

Hs

 

タグ :  

ビルドマッスルhmb

この記事に関連する記事一覧