薬剤師の本音,本当の健康,薬とサプリ,

薬剤師の本音:本当の健康

筋トレにはhmbにクレアチンもプラスのサプリが効果なの?

 

筋トレにはhmbにクレアチンもプラスのサプリが効果なの?

hmbのサプリメントは日本では2010年から販売されているので、まだ新しいので、馴染みが浅く、知らない方も多いと思います。

筋肉増強や減量期の筋肉減少を予防できるサプリメントです。

hmbの1日の摂取量は3gを推奨しています。

体質や体重にもよりますが、基本的には、この量を服用を目安にして下さい。

3g以上摂取してしまうと効果が出るどころか、筋肉が減少してしまう可能性があります。

摂るタイミングは、トレーニングの後が最も効果的です。

プロテインもトレーニングの後に飲むのと同様で、損傷した筋肉に栄養を届ける為です。

トレーニングの後以外では、食後がおすすめで、吸収率がアップします。

また、1度に3g摂るよりも小分けにして摂ると、更に吸収率がアップします。

朝、昼、夜と1gずつ小分けにして摂ると良いと思います。

トレーニングをする日はトレーニング後と食後2回で摂るようにしましょう。

hmbサプリメントにクレアチンもプラスすると、更に効果が期待できます。

クレアチンは有機酸の1種である、1-メチルグアニジン酢酸の事です。

あまり聞いた事がないと思います。

1-メチルグアニジン酢酸は私達の体の中にあります。

クレアチンは筋肉に含まれている物質で筋肉を動かすエネルギーに関わっています。

体を動かす時に、ATP(アデノシン3リン酸)という脂肪、糖を原料として合成し、エネルギーとして使います。

ATPは体内である程度は溜められているのですが、運動すると無くなってしまいますので、運動中にもATPを合成します。

ATPを素早く合成できるのがクレアチンなのです。

ですから、クレアチンを摂る事によって、筋力アップに繋がり、筋肉の持久時間が長くなります。

ただ、マラソンなどの長時間のスポーツには大きな期待はできず、短距離などの無酸素運動には大きな期待かできます。

瞬発力や爆発力系のスポーツには向いています。

他にもクレアチンの働きとして、疲労回復や、脂肪を減らしたり、脳機能の改善にも効果があります。

クレアチンは薬品ではなく食品で、肉や魚にも含まれている天然の成分なので、安全性が高いです。
クレアチンも1日3g~5g程度を目安に摂取しましょう。

こちらも小分けにして摂取しましょう。

hmbとクレアチンが一緒に摂れるサプリメントで口コミ評価も高く人気なのがマッスルエレメンツhmbです。
筋肉サプリマッスルエレメンツの口コミと筋トレ効果は本当?

マッスルエレメンツHMBは、他にもコエンザイムQ10、αリポ酸、クエン酸が配合されています。

さらには、ビタミン11種類とアミノ酸18種類も配合されていますので体にも良いです。

hmbとクレアチンが効率的に摂れるサプリメントですので飲んでみてください。

詳しくは↓

us

 

タグ :   

マッスルエレメンツ

この記事に関連する記事一覧