薬剤師の本音,本当の健康,薬とサプリ,

薬剤師の本音:本当の健康

急性気管支喘息の原因と慢性化しないための対策を教えて!

 

急性気管支喘息の原因と慢性化しないための対策を教えて!

急性気管支喘息とは息切れや動機、呼吸がしにくいなどの症状が出てひどいときには発作で呼吸困難などに陥る可能性もあります。

呼吸が困難になるにつれて、血中酸素が不足していき意識を失うなど危険な症状につながることもあるのです。

このような喘息を今まで発症したことのない方が、ある原因をきっかけに突然発症するケースが増えています。

その原因に、現代の社会にあふれるアレルゲンや過労などのストレスや疲労によるものが考えられています。

喘息とはいったいどのようなモノなのでしょうか、そして慢性化しないためにはどうすれば良いのかご紹介していきます。

―喘息は一度なると慢性化しやすい―

子供の頃に小児喘息と言われていた方は比較的多いかもしれません。

そして、その小児喘息が原因で喘息が慢性化してしまった方も多いのも事実で、症状が長引くことが多いのが喘息です。

今まで全く喘息なんて無縁だった方も、ある日突然発作を起こしそれ以降慢性的に喘息に悩まされるというのがよくある事例です。

軽い運動をしただけで激しい動悸や発作を起こし、ひどいときには意識が遠のいてしまいます。

喘息の原因は、アレルギーへの反応や運動による反応が主で近年環境汚染、ストレス社会などの要因がこれらの反応をより敏感にしている傾向がみられます。

―喘息にならないために、慢性化させないためには―

喘息と無縁だからと言って安心しきるのではなく、日頃からしっかり体を丈夫にしておくことが大切です。

日常的に運動を行っていない人や、食生活・睡眠などの生活習慣が乱れている方程喘息を急に発症する可能性が高いと思われます。

そのため、予防するには生活習慣を整えることを第一に考えるのが有効です。

そして、もし喘息を発症した場合は慢性化させないためにも病院の医師と相談ししっかりと原因究明・改善を進めることが大切です。

すぐ直ったからと言ってその場しのぎにしてしまうと、慢性化して一生苦しむことになりかねません。

慢性化するといつ・どんな時でも吸入薬を常備していなければいけないなど、生活が少しながら不自由になってしまいますよ。

―まとめ―

喘息は一度発症すると慢性化しやすいものです。

ある日突然咳だけが出て、呼吸が苦しくなるなどの症状が出た場合喘息を疑い、医師に相談してみましょう。

しっかりと改善し、その後生活習慣を整えれば喘息から逃れることができますよ。

◆遺伝的な観点から自分の体質をわかっていると予防もしやすいと言えますね。

遺伝的に自分が将来どんな病気になりやすいかとか、長生きの可能性がわかる検査がマイコードです。

自宅で簡単にチェックできるので人気ですよ。
遺伝子検査サービスMYCODE(マイコード)の口コミと評価

us

 

タグ :  

病気 急性気管支喘息

この記事に関連する記事一覧