薬剤師の本音,本当の健康,薬とサプリ,

薬剤師の本音:本当の健康

病院の健康診断とマイコードの遺伝子検査は何が違うの?

 

遺伝子検査ができるDeNAのマイコード(MYCODE)ですが、毎年おこなう健康診断や人間ドックと、いったい何が違うのでしょうか。

健康診断や人間ドックとの違いをまとめてみました。

まず、健康診断と人間ドックの違いからご説明しましょう。

健康診断も人間ドックも、現在の病気や健康状態を調べる検査です。

健康診断は、会社にお勤めの方ならご存知かもしれませんが、法律で必要な項目が決められており、それに従って検査していきます。

労働安全衛生法という法律で、就業できる健康状態がどうかを判断するためにおこなうような感じですね。

そして、その結果を会社に提出する場合もあります。

1年に1回以上受けることが義務付けられたものです。

一方、人間ドックは、検査項目に明確な規定はないです。

健康診断よりも検査項目が多いのが特徴で、総合的に健康診断よりも詳しく現在の健康状態や病気を調べたい人が任意で受診する検査です。

費用も自費割合が多く、会社が一部補助金を出している場合もありますね。

このように、健康診断と人間ドックは、現状把握の目的でおこなうものだということです。

では、マイコードはどんな検査なのかというと、遺伝子検査によって将来の病気のリスクを知ることができます。

今現在の健康状態や病気を把握する検査ではありません。

自分の遺伝的傾向を知ることで、発症しそうな病気を予防することを目的としているのです。

このような違いがあるため、健康診断や人間ドックは毎年受けるのがおすすめです。

しかし マイコードは一生に1度だけでよくて、自宅で簡単に唾液で検査ができるものですから、リスクもなくお得な感じなのが人気で評価が高い秘密かなと感じました。

遺伝子検査MYCODE(マイコード)はどんな内容なの?→マイコード

公式サイト↓
女性向け遺伝子検査キット

 

タグ :    

マイコード 遺伝子検査

この記事に関連する記事一覧