薬剤師の本音,本当の健康,薬とサプリ,

薬剤師の本音:本当の健康

角質粒とイボの違いは何?予防や対策を教えて

 

角質粒とイボの違いは何?予防や対策を教えて

イボに悩まされたことはあるでしょうか。

ネットで、イボについて検索すると必ず角質粒という言葉が出てきます。

では、イボと角質粒は何が違うのでしょうか。

世間一般的に考えると、イボの正体が角質粒であるというのが一番正しい答えかもしれません。

イボで悩んでいる方の中で、それが実は角質粒であることが大変多くあります。

いったい角質粒とはどのようなモノなのか、そして予防や対策はどうすれば良いのかご紹介していきます。

―角質粒の真実―

イボで悩んでいるとその原因をいろいろと調べようとします。

そうすると出てくるのが角質粒。

実際イボには様々な原因があるのですが、その原因の一つに角質粒である可能性が考えられます。

角質粒というのは毛穴に皮脂や角質がつまり、完全にふさがっている状態のものでニキビに似ていますが、こちらは赤く炎症しにくいのが特徴です。

他にも、古い角質が除去されずに残ってできるなどの原因があります。

角質粒はできてしまうとなかなか治りにくいので、予防を心がけることが効果的ですが、もしできてしまっても軽度のものならセルフケアで対処できます。

また、大きくなったものも病院などで取り除いてもらうことも可能です。

―角質粒の予防・対策―

角質粒は治りにくい。

つまり、予防を重要視することが大切です。

予防として一番なのが栄養の補給です。

ビタミンCやEを中心としたビタミン類やたんぱく質などしっかりと栄養を摂るように心がけましょう。

そして、日常のスキンケアも怠らないようにし、正しい洗顔法できちんと余分な皮脂、角質を取り除いてあげましょう。

また、紫外線対策も大切です。

もしできてしまったら、中長期戦になることを覚悟したうえでケアをしていきましょう。

ビタミン配合の化粧水や美容液を使い、保湿を心がけ食事からもビタミンやたんぱく質を積極的に取り入れましょう。

こうすることで徐々にターンオーバーで角質粒が消えていくことが期待できます。

しかし、ある程度大きなものになるとなかなか消えにくく、病院で取り除いてもらうのが効果的な場合があります。

数か月粘っても一向に変化がない場合は、皮膚科などの病院へ相談してみましょう。

―まとめ―

イボの原因の一つに角質粒があり、角質粒は主に毛穴のつまりや角質の蓄積によってできるものです。

できてしまうと治りにくいので、予防をしっかり心掛けましょう。

大きすぎるものは病院に相談することが大切です。

◆いろいろ注意してもイボやポツポツが改善しないときは、艶つや習慣を塗ると効果的です。

ハトムギエキスと杏エキスの力でイボやぶつぶつ・ぽつぽつを改善に導きます。

艶つや習慣で顔でも首でもデコルテ、二の腕、おなかでも、すべすべになりますよ。

口コミでも人気です。
口コミ→つやつや習慣

us

 

タグ :   

艶つや習慣

この記事に関連する記事一覧