薬剤師の本音,本当の健康,薬とサプリ,

薬剤師の本音:本当の健康

胃ガンを防ぐ食べ物と悪化する食べ物

 

がんの中でも死亡原因ベスト3に入る胃ガン。

今回は、その胃ガンを防ぐ食べ物と悪化する食べ物をご紹介したいと思います。

そもそもガンを予防するなら抗酸化作用のある栄養素(ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノール、カロテノイドなど)を多く含む食材がおすすめです。

しかし、特に胃ガンを予防するなら、塩分を控えるのが大切とされています。

1日10g以下が推奨されています。

また、大根には食物繊維のリグニンが豊富で、これががん細胞の増殖を防ぐ作用があると言われています。

その他、胃ガンの原因の一つであるヘリコバクターピロリ菌を減らすヨーグルトの摂取もおすすめです。

胃ガンを悪化させる食べ物は、塩分の多い食事、食品添加物の多い食材と言われています。

基本的に胃粘膜を荒らし、胃に負担をかけてしまう食材を避けるようにしましょう。

よく、ガン家系などというように、ガンは、遺伝的な要因も少なからず関係しています。

胃ガンの予防には、今回ご紹介したような食生活の改善はもちとん、その他にもタバコを控えること、ストレスを軽減することなども大切です。

でも、それ以前に遺伝的に自分は胃ガンになるリスクが高いのか、平均的な日本人の統計データと同じくらいなのか……ということも結構気になるものですよね。

そんなときは、遺伝子検査マイコードで遺伝子検査をしてみるのがおすすめです。
遺伝子検査MYCODE(マイコード)はどんな内容なの?→マイコード
マイコードは唾液を採取して返送するだけで遺伝子的傾向を読み取り、280項目の検査結果を出してくれます。

それによって、将来的に自分が胃ガンになるおおよその確率が把握できるので、今から将来の発症リスク軽減のために行動を起こすことができますよ。

公式サイト↓
女性向け遺伝子検査キット

 

タグ :  

病気

この記事に関連する記事一覧