薬剤師の本音,本当の健康,薬とサプリ,

薬剤師の本音:本当の健康

HbA1cと血糖値の数値の意味と糖尿病予防策

 

HbA1cと血糖値の数値の意味と糖尿病予防策

健康診断や必要があって血液検査をしたことのある方は多いと思いますが、検査結果のデータの見方って難しいですよね。

たとえば糖尿病の家族がいるから遺伝などを考えて糖尿病に関わる数値をチェックしたいと思った時、あなたならどの項目を見ますか?

たぶん、「血糖値」という項目ではないでしょうか。

もちろん、糖尿病に関してある程度知識のある方なら血糖値以上にHbA1cという項目の数値をチェックするかと思いますが、一般的には血糖値に目がいくものです。

この「HbA1c」とは、ヘモグロビン(Hb)A1cの略です。

そして、糖尿病を気にしている場合は、このHbA1cという数値の上下に注目することが大切です。

ヘモグロビンは血液の赤血球に含まれているタンパク質の一種で、酸素と結合して酸素を全身に送ります。

そして、血液中のブドウ糖と結合するという性質を持っていて、このブドウ糖と結合した物の一部分がHbA1cと呼ばれます。

赤血球の寿命は4カ月とされていますが、その間カラダ中を巡って血液中の余分なブドウ糖と結合します。

つまり、高血糖状態が続いていればヘモグロビンがブドウ糖と結合したHbA1cの数値は高くなるということになります。

ちなみに、血糖値は血液検査をした時点の血糖状態を表します。

ここ数日の食事やストレスの有無などによって、血糖値の数値も変動します。

一方、HbA1cの数値は1〜2ヶ月前まで遡っての血糖状態を表すものなので、血糖値よりも正確な血糖状態を知ることができます。

そのために、糖尿病についてはこちらの数値を重視するというわけなのです。

正常な人のHbA1cの数値は 5.8%(NGSP値6.2%)以下とされていて、それ以上の数値なら高血糖状態が続いていたと判断できます。

そして、もしこのHbA1c値が高いというのであれば、食事に注意をして糖分の摂取に慎重にならなければなりませんが、話題の「アラプラス糖ダウン」というサプリメントを利用するという手もあります。

アラプラス糖ダウンは、糖をエネルギーに変換するアミノ酸ALAという成分がしっかりと配合されていますので、余分な糖が血液中に混ざることはありません。

余分な糖があれば血液に混ざる前にきちんとエネルギーに変換してくれますので、いつもどおりの生活でも糖尿病予防になるんです。

でも、暴飲暴食などせずにある程度食事に気をつけたり、できるだけカラダを動かすようにするということも、もちろん大切ですよ。

そして、糖が血液中に混ざらなければHbA1cの数値が高くなることはありませんし、もし現在数値の高い人でも徐々に下がって落ち着いてくるはずです。
アラプラス糖ダウンの口コミ!血糖値効果とは?

食事の欧米化などにともなって糖尿病予備軍は増加していますので、気になる方はぜひアラプラス糖ダウンを健康管理に活用してくださいね。
公式サイト↓

 

タグ :  

病気 糖尿病

この記事に関連する記事一覧