薬剤師の本音,本当の健康,薬とサプリ,

薬剤師の本音:本当の健康

糖尿病だと勃起不全(ED)になりやすいのはなぜ?対策は?

 

ED(勃起不全)に悩む男性は、年のせいかなとか、ストレスや疲れのせいだろうな…と考える方が多いですよね。

しかし、実は糖尿病のせいでEDが起こっている可能性もあるのです。

そこで今回は、糖尿病だとED (勃起不全)になりやすい理由についてご紹介し、対策についてもまとめたいと思います。

糖尿病と言うと、血液中の糖分濃度が高い状態が続く病気です。

一般的には、腎臓の機能障害や網膜症、手足のしびれなどを感じる神経障害などが合併症としてよく知られていますが、実はEDと関連も深いのです。

データでいうと、糖尿病患者の男性の80%程度がEDを合併しているのだそうですよ。

では、どうして糖尿病でEDになるのかというと、まずは代表的な合併症である神経障害の影響で、脳に感じた性的刺激が、性器にまで届かないためです。

また、高血糖が続くことで、動脈硬化などのリスクも高まりますが、性器の毛細血管にも影響し、血流が悪くなり、勃起しにくくなってしまうのです。

糖尿病の方のED対策は、基本的には、糖尿病の治療を行うことが最優先です。

糖尿病の症状が改善されればEDの改善にも期待できるからです。

逆に、糖尿病が悪化すれば、EDなど夜の生活面についても悪化するということを覚えておきましょう。

食事のカロリーに注意してお酒は飲まない方がいいです。

適度な運動も糖尿病改善には必須です。

また、糖尿病の方でもバイアグラなど勃起不全の治療薬は、効果が少しは期待できます。

主治医の指示に従えば服用することも可能ですので、自覚症状があってEDの改善をしたい方は、まずは糖尿病の主治医に相談することから始めてみましょう。

いずれにしても糖尿病にならないことが一番大事です。

糖尿病予防を意識して健康的な食生活にすれば、EDになりにくいです。
アラプラス糖ダウンの口コミ!血糖値効果とは?
それでも糖尿病とまではいかないけれど、将来糖尿病になる可能性が高い糖尿病予備軍だと思う時は、隠れ糖尿病や高血糖に効果!と評価も高いアラプラス糖ダウンを飲むのも効果的です。
公式サイト↓

 

タグ :  

病気 糖尿病

この記事に関連する記事一覧