薬剤師の本音,本当の健康,薬とサプリ,

薬剤師の本音:本当の健康

大腸がんにならない食生活や生活習慣

 

大腸がんにならないためにできる食生活や生活習慣の改善についてご紹介します。

大腸がんは、小腸の末端にある盲腸から結腸、直腸、肛門あたりに発生するがんで、発生した部位によっては、結腸がん、直腸がんとも呼ばれています。

大腸がんの自覚症状は、下血(血便や肛門からの出血)、下痢、便秘、腹痛、体重減少、倦怠感などです。

日本では、大腸がんの患者数は急増中で、肺がん、胃がんに続き多いがんになっています。

大腸がんの原因として、日本生活習慣病予防協会によると、高脂肪食、緑黄色野菜の不足、飲酒、運動不足、ストレスなどの食生活と生活習慣が深く関係しているとのことです。

大腸がんを予防するには、普段から積極的に野菜や果物を摂取するようにして、和食中心の食生活に変えるのがおすすめです。

野菜の摂取量は1日350g以上(小鉢で5皿以上)が目安です。

ファストフードなどの外食中心の生活は高脂肪食に偏りがちですから、家庭で和食中心の食事をとるようにしましょう。

そして、ベーコン、ハム、ソーセージなどの加工肉は大腸がんのリスクを増やすと言われているのでできるだけ控えましょう。

お酒は純アルコールに換算して20g程度までに節酒するようにしましょう。

これはビール中瓶なら1本、缶チューハイなら1.5缶、日本酒1合までとなります。

また、肥満は大腸がんのリスクをあげることもわかっているので、肥満を改善するためにも、適度な運動が必要です。

エレベーターやエスカレーターを階段に変える、自転車を徒歩に変えるなどして歩き距離を増やすことからはじめるといいですね。

◆一番大事なのは、便秘しないように日頃から注意しておくことです。

野菜を食べても便秘がちという場合は、カイテキオリゴを飲むといいです。
腸内の善玉菌の栄養分になる複数のオリゴ糖を含むので腸内改善になって便秘も改善でデトックスになるからです。
オリゴ糖サプリで腸内改善
カイテキオリゴは、大腸がんの予防にも良いと感じますよ。

飲みやすい粉なのでお茶や味噌汁に入れてもいいですしご飯に混ぜて炊いても大丈夫な健康食品です。

赤ちゃん、妊婦、授乳中でも安心してのめる100%天然成分の便秘改善サプリメントですよ。

友人がひどい便秘で腹痛や時々下痢もしてたんですが、カイテキオリゴのおかげで毎日スッキリと快便になって改善しています。

友人の家族に大腸がんだった人がいるので心配していましたが、今では、腸内改善できたようで健康に暮らしています。

公式サイト↓


追記:
なお、自分が将来大腸癌になりやすい体質かどうかが簡単に予測できるのが、遺伝子検査のマイコードです。

唾液を容器に入れて郵送するだけなので自宅で手軽に検査可能なのです。
もっと詳しくは→大腸がん訴求

 

タグ :  

病気 食べ物

この記事に関連する記事一覧