薬剤師の本音,本当の健康,薬とサプリ,

薬剤師の本音:本当の健康

生漢煎の防風通聖散と漢生爽楽の防風通聖散の違い比較と選び方

 

生漢煎の防風通聖散と漢生爽楽の防風通聖散の違い比較と選び方

自分自身で鏡を見ても、思わずうんざりしてしまうお腹周りの脂肪。

特に30代後半からお腹周りの脂肪が気になる方が急増し、40代50代になると7割近くの人がお腹の脂肪について悩みを抱えていると言われています。

お腹周りに脂肪をつけないためには、日ごろから運動や筋力トレーニングを取り入れたり、カロリー計算されたバランスの良い食事を取り入れることが大切ですが、あなたはついつい食べ過ぎてしまったり、運動不足に陥っていませんか?

30代後半から40代50代にかけて、男性は仕事が忙しく、女性は家事や子育てと忙しい毎日を送っているため、なかなか理想的な食生活や日常的な運動を取り入れるのが難しい現実があります。

しかし、そんな私たちの事情に関係なく、食生活や生活習慣が乱れることで肥満症となってしまうケースも少なくありません。

そんな時に肥満症に陥らない生活をサポートしてくれるのが、防風通聖散です。

防風通聖散は、歴史が非常に深く、長年人々の生活と健康を支えてきた漢方薬として知られており、新陳代謝を高めて脂肪の分解や燃焼を促し、お腹周りの気になる皮下脂肪を減少させてくれる効果があると言われています。

さらに便秘や肩こりなど、あらゆる症状に効果効能を発揮してくれるため、今大注目を集めています。

そんな防風通聖散ですが、様々なメーカーから販売されているため、今日は人気の高い2つの防風通聖散をご紹介していきます。

まず1つ目は、生漢煎の防風通聖散です。

防風通聖散の中でも原生薬を最大量配合した満量処方の漢方薬であることが知られており、27.1グラム配合されています。

さらにこの最大量27.1グラムの原生薬を4,500ミリグラムのエキスに凝縮しているため、飲みやすいのも特徴的です。

1日3回食前か食間に飲みます。

生漢煎の防風通聖散は、公式サイトからの定期コースで初回限定3,900円で購入することができます。
さらに2回目以降も5,900円で購入することが可能です。
生漢煎 防風通聖散の口コミ!冷え・むくみ・ダイエット効果は本当?
続いて2つ目が漢生爽楽の防風通聖散です。

こちらの防風通聖散にも18種類の生薬が配合されており、大きな特徴は朝と夜の1日2回食前か食間に飲むだけで良い手軽さです。

配合されている原生薬の処方量は3分の2処方となっています。

こちらも公式サイトからのネット通販で購入することができる商品ですが、定期コースを活用すると初回限定3,980円で2回目以降は6,480円で購入することができます。
漢生爽楽(かんしょうそうらく)の防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)の口コミ!おなかの脂肪を落とす効果は本当?
2つの商品はどちらも人気が高い防風通聖散となっていますが、1日に飲む回数や処方されている量が異なるため、あなたの体質とライフスタイルに合わせて選ぶのがオススメです。

お腹周りの脂肪を洋服で隠すことを考える前に、あなたもこの機会に気になるお腹周りをすっきりとさせてみませんか?

慢性的な便秘に悩まされている方にも、防風通聖散はしっかりと効果を発揮してくれるのでオススメです!

手軽に1日2回で飲めた方がいい人は、漢生爽楽をどうぞ。
漢生爽楽 防風通聖散公式サイト↓

満量処方で1日3回しっかり飲める人は、生漢煎をどうぞ。
生漢煎 防風通聖散公式サイト↓

us

 

タグ :    

漢生爽楽 防風通聖散 生漢煎 防風通聖散 違いを比較

この記事に関連する記事一覧