薬剤師の本音,本当の健康,薬とサプリ,

薬剤師の本音:本当の健康

ベビー乳酸菌は免疫力アップをサポートできる?

 

ベビー乳酸菌は免疫力アップをサポートできる?

胃腸炎やインフルエンザといった感染症が大流行しているこの時期、重要となってくるのは自分自身の免疫力です。

先日ちょうど感染症についての特集をテレビで行っており、そこで医師が話していたのは、胃腸炎やインフルエンザといった感染症が大流行している時期は、ほとんどの人がその感染の元となる菌を日常的に吸い込んでいるんだそうです。

しかし、細胞に侵入を許して感染し、症状を発症するのかしないのかは自分自身の免疫力が大きく左右するんだと紹介していました。

現に数年前から感染症に効果があると言われている乳酸菌飲料は、冬になると驚異的な売り上げを誇り、一時期スーパーから消えるほどの大人気となりました。

感染してる人からなるべく避けて生活をする。

最も重要なのはこういうことではなく、感染源となる菌が体内に侵入しても、病気を発症させない免疫力の強さを養うことです。

そこで免疫力アップに大きく関係すると言われている腸内環境
そして、この腸内環境を良好にするために積極的に摂取したいのが乳酸菌です。

乳酸菌には様々な種類がありますが、植物由来でも動物由来でもなく、今、免疫力をアップさせる乳酸菌として大注目を集めているのが、クリスパタス菌です。

クリスパタス菌は、日本人女性の体内に存在している乳酸菌となっており、主に産道に生息していると言われています。

そのため、赤ちゃんがお腹の中から生まれてくるときに1番最初に譲り受けるのが、このクリスパタス菌なのです。

残念ながら帝王切開で生まれてきた赤ちゃんは、お母さんのクリスパタス菌をもらうことができないため、喘息やアトピーといったアレルギーを発症しやすい傾向があることがわかっています。

このヒト由来のクリスパタス菌は以前から高い注目を集めて来ましたが、長い間培養が困難だとされてきました。

しかし大学と共同研究を進め、特許技術を用いることにより培養に成功し、大量生産できることになったことから、ベビー乳酸菌は誕生しました。

さらに、一般的な乳酸菌は熱に弱く、体温に負けてしまい腸内での働きが悪くなる傾向がありましたが、クリスパタス菌は熱に強い特性を持っているため、180度で15分間加熱しても活性効果が高いことが証明されています。

また、ベビー乳酸菌にはクリスパタス菌だけではなくビフィズス菌やオリゴ糖、食物繊維といった成分が同時に配合されているため、相乗効果によりより高い効果を実感することが可能です。

ベビー乳酸菌は、毎日日常的に摂取することにより、徐々に自分自身が持つ免疫力をアップさせてくれるサポート効果が期待できます。
ベビー乳酸菌の効果には何がある?その理由も教えて!

風邪をひきやすかったり、感染症に感染しやすいと言う認識がある方は、是非この機会にベビー乳酸菌で自身が持つ免疫力をアップさせてみませんか?

品質管理も徹底して開発されているので、家族全員でベビー乳酸菌のサポート効果を実感してみて下さい。

公式サイト↓
ベビー乳酸菌 春が好き

us

 

タグ : 

ベビー乳酸菌

この記事に関連する記事一覧