薬剤師の本音,本当の健康,薬とサプリ,

薬剤師の本音:本当の健康

アルツハイマー病は、遺伝要因が大きいの?予防には?

 

アルツハイマーというと、加齢に伴い脳細胞が劣化したり、たんぱく質の変性により脳の神経細胞が圧迫されることで発症すると考えられています。

アルツハイマーは、このように高齢の方が発症しやすい病気というイメージがあります。

しかし、ごく稀に若い人でも発症することがあり、その原因に遺伝が関係すると言われています。

つまり、遺伝の要因が大きいというわけではないけれど、遺伝要因はあるということになります。

まだ解明されていない部分も多いのですが、遺伝要因があるので、絶対に発症する、遺伝するとは限りませんが、遺伝により発症のリスクはあるということになります。

では、アルツハイマーの予防をするにはどうすればいいのでしょうか。

脳神経外科医師のホームページによると、頭を使ってボケ防止につとめること、食生活の改善や肥満の防止につとめること、老化した脳を活性化させる働きのある葉酸を摂取すること、イチョウ葉エキスに含まれるギンコライドに認知症の予防効果があることなどが紹介されています。

つまり、まとめると、高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病を予防するために食生活や適度な運動を取り入れた日常生活を送るようにするなど、生活習慣に注意することがアルツハイマー予防に効果的であるといえますね。

発症してしまってもできるだけこういった生活習慣を続けることで、進行をおくらせることができるともいわれていますので、アルツハイマー予防だけでなく、普段の健康管理の意味でも、前向きに生活習慣を改めることに取り組んでいきたいですね。

なお、生活習慣病の高血圧、高脂血症、糖尿病の改善や貧血や更年期障害の改善によい!と人気なのが血液サラサラになって抗酸化作用も高い白井田七(しらいでんしち)です。
関連記事→糖尿病には白井田七
白井田七は、高麗人参より効果が高い!と評判の無添加の優良な田七人参を使っているんです。
公式サイト↓
白井田七

 

タグ :  

病気

この記事に関連する記事一覧